中国・it’s WAR それは戦争だ

よろしい…ならば戦争だ

South China Morning Postによると、香港で開かれたグローバルブロックチェーン技術のイベント中に、アンチウイルスソフトの先駆者であるJohn McAfee氏は

『国家政府と仮想通貨の正当性の間で、戦闘が行われた』と警告した。


スポンサーリンク

John McAfee氏の発言から

仮想通貨の市場規模は、年々拡大している。市場全体が抱える問題として、各国が暗号化取引に課税を適用する方法や、国境に影響されずグローバルな資金の流れを持つビットコインやその他の仮想通貨の能力を、適正に抑制する必要がある、などの問題があります。
さらにビットコインの扱いは、管轄する国々によって異なります。
オーストラリアは仮想通貨取引についての二重課税を廃止したが、中国は仮想通貨の法的地位を定義していない。

『中国政府と仮想通貨の発展を後押しする[逃亡者(fugitivesと表現)]との間で激しい紛争が起こっている』
『今日は仮想通貨の支持者と世界政府の間での、戦争の始まりとして歴史に残るだろう』

ウッハー!大御所がすごい過激な表現するウホね!

新聞の見出しにする関係で、もしかしたら《誇張表現》されているのかもしれませんが、どちらにしてもかなり強い言葉でスピーチしたのは間違いなさそうですね。

この記事の中では、McAfee氏は仮想通貨の抱える問題点も挙げています。
その上で、現状の中国のやり方はおかしいと苦言を呈しているように感じますね。

この人って色々と話題作るウホねーw

政府の対応に怒っています!

さらにMcAfee氏は、『政府の動向が、何を目的としているか知る事ができなければ、彼らは収入を得る事ができなくなるだろう。それは一部の国でパニックを引き起こす。中国は既にそれを目の当たりにしている』と語った。

香港ブロックチェーン協会・副会長のEmil Chan氏は

『がん細胞を破壊する為に化学療法を施す場合、悪い細胞と共に多くの健康な細胞も殺されるでしょう』
『中国で起こっている事は、彼らが正当なものか詐欺であるかに関わらず、多くのプロジェクトを殺すだろう』

なんか…おっしゃる通りでなにも言えないウホw

そうですね、彼らは規制や法整備を行うことに対して不満があるわけじゃなく、要するにやり方の問題だと言っているようですね。

今まで何の問題もなく取引所で働いて、生活の糧を得ていた人達なんかは、今の中国現状は気が気じゃないですよね。

利用してた人の資産とかホントにちゃんと補償されるウホ?

それは…わかりません。補償が行き届かなかったとしても、公式にそういう発表は出さないと思いますし、Twitterや他のSNSを覗いて、現地の状況を探るしかないですね…。


中国の現状を受け、ビットコインはどうなる?

Gatecoinの創設者兼CEOであるAurélienMenant氏の意見

『今年1月、中国の取引所に対して最初の制限が課せられたが、その後日本・韓国・米国・香港の取引所は、グローバルな取引を行っている』
『大部分の主要なトークン販売とブロックチェーン技術の開発は中国以外で起こっており、マイニングに関しては、ロシア・ヨーロッパ・米国の大手企業が中国のシェアに挑戦を始めている』
『したがって、中国の現状は仮想通貨とブロックチェーン技術に対し、長期的な目線では、ほとんど影響を与えません』

なんか…他の国でうまくやってるから中国いなくてもいいよって聞こえるウホw

たぶんそういうニュアンスで言ってるんでしょうw
最近の中国の騒動に関して、色々と海外ニュースを見ていますけど、共通した意見というか雰囲気は『中国いなくても別に問題ナイデース』と管理人は感じました。

でも中国の現地で影響を受ける人は大変ウホねぇ…

それが伝わってくるような意見が記事中にありました。

現地の投資家は?

中国の甘粛省でビットコイン採掘場を開設する予定の王洪宜(Wang Hongyi)氏は

『一部の小口起業家は、中国政府の政策リスクの影響で新たな投資ができない状態だ』
『私達が運営を開始しなければ、まだ投資のほとんどを取り戻すことができますが、一度始めてから政府が違法であると言えば、投資を回収することは不可能です』と語った。

公式の態度は『我々はそれを支持しないが、反対もしていない』という中途半端なものだと彼は語った。

『私達が運営を開始しなければ』ってどういう意味で言ってるウホ?

ハッキリとはわかりませんが、この記事で答えているWang Hongyi氏は[これからマイニング施設の運営を開始しようとしていたところ]なんだと思います。

準備を整えていたら騒動が起こってしまって、身動きが取れない状態なんでしょうね。
[公式の態度]という部分は中国政府を指していると推測されます。

支持しないけど、ダメだとは言ってないってすごいウホね

子供が口ゲンカしてるんじゃないんだから、国としてハッキリとした見解を出さないと、こういった事例は今後どんどん増えるでしょうね。
ビットコインやその他の仮想通貨、それらに関わる人達への侮辱とも言えるような状況ですし、McAfee氏が強い言葉を使うのも頷けます。

それにしても、これだけ言われて政府から発表無いのなんでウホ?

何か狙いがあるのか…それとも公式に発表しなくても『我々は世界規模のビットコインにこれだけの影響を与えられるのだ!フハハハ』とか思ってるかどっちかじゃないですかね?

影響を受けてるのはビットコインそのものじゃなくて、普通の投資家や国民なんですけどね。

ガチでわかってないかも知れんウホ。アイツら

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m
※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。


スポンサーリンク

コメントを残す