中国・ICO違法宣言からの動向

ICO違法宣言を受けて投資家への払い戻しが進む

今週、中国の中央銀行はICOを違法であると中国全土に向けて宣言し、全世界の仮想通貨市場に衝撃を与えた。

中国政府・中国人民銀行(PBoC)は、トークン販売が不正行為とみなされるだけでなく、トークンを提供・発行する新興企業も投資家に払い戻しを行う必要があると述べた。

中国のいくつかのICO企業は、PBoCの発表を受け、既に払い戻しを行っている。

スポンサーリンク

ICO=悪 なのか?

PBoC・中華人民共和国商務部・中国銀行規制委員会・中国証券監督管理委員会、その他多くの政府機関によれば、現在ICOは中国で「違法」とみなされている。

中央銀行の最近の発表によると、ICOは「金融詐欺とピラミッド制度」と評価されている。

ウホー、すごい表現ウホ…ピラミッド制度ってどういう意味ウホ?

前後の文章から推測すると、日本で言う『ネズミ講』のようなニュアンスでしょうね。

まぁ…個人的な見解になってしまいますが、ICOはその特性から詐欺やマルチ商法に応用しやすいのは事実です。

ICOの理念そのものが悪いわけではありませんけど、法整備が追いついていない現状、どうしても最初から[金集めの口実]として使われやすいですからね。

それにしても一気に全部違法ってすごいハッキリしてるウホー

たしかに。ある日を境に違法宣言ってすごいフットワークですよね。

ICO企業が中央銀行の発表を受け払い戻しへ

PBoCの発表を受け、多くのICO業者が投資家に払い戻しを行っています。

ICO企業のサイトでは、サービス停止に関する情報の表明や、払い戻し方法の対応計画に関する話し合いなど、対応にキリキリ舞いしているようです。

さらに、ICO関連のモバイルアプリをAppストアから削除したり、今後の業務継続の可能性について協議したり、当面の期間は混乱が続きそうだと記述があります。


ニュースを深読みしてみる

ウホホー、急に違法だから払い戻しってすごいウホ…

そうですよね。全てのICO企業が詐欺まがいだったわけではないでしょうが…1つ1つ判断している時間よりも、全てを違法だと表明してしまう決断力に驚きました。

中国の人達は大変ウホー。。。

中国だけではなく、元々は外国企業であっても中国でICOを事業を行っていたところは当然ながら影響を受けるわけですし…

違法⇒払い戻しよろしく

とは言われても、それにかかる経費や損失に関して補填はあるのかどうかが気になるところです。

…無さそうウホ。今後どうするウホね?

うーん…ICOという概念が、そう簡単に世界から淘汰される事は考えにくいですし、いったん全てを違法化して許可制に移行とかが可能性が高い気がしますねぇ。

まずは速やかにICO全てを違法化して、投資家の権利や利益を守る事を最優先に考えた素晴らしいフットワークだと評価できますね!

…本心言っとくウホ?

なに言ってるんですか?本心からの言葉ですよ!ウッ…頭の中に声がっっ!

(お前らばっか情弱から巻き上げて儲けてんじゃねぇ!)
(ピンハネできる仕組み作るまで全部違法にすっからな!!)

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m
※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。


スポンサーリンク

コメントを残す