中国・BTCChina取引停止に向けた案内を更新

BTCChina取引停止に向けた案内を更新

中国最大のビットコイン取引プラットフォームであるBTCChinaは、10月30日の取引停止に向け、精算業務に関して新しい発表を行いました。

BTCChinaはシャットダウンを高速化するため、引き出し取引手数料を調整して、できるだけ早くユーザーに引き出しを促すよう促している。

BTCChinaHPからの引用

※Google翻訳したものです。

10月30日以降、プラットフォームはオンライン引き出しのサービスを停止する可能性が非常に高い。

BTCChinaは、引き出し取引手数料の増加を事前に発表することにより、時間内に全ての預金と仮想通貨をユーザーにチェックアウトして返却したいと考えています。

ウホー、閉店間近になると手数料高くなるから早く引き出せって感じウホね

中国取引所関連のニュースは何度も記事にしてきましたが、いよいよ現実的に閉鎖する瞬間が近づいているようですね。


中国取引所が抱く希望

中国政府は現在、BTC/CNYの取引を禁止している状態だが、政府側はそれを絶対的に違法とはみなしていない。

業界の有識者は、政府のこういった対応に関し、中国政府が将来的に特定の状況下で、ビットコイン取引を解放する可能性があると考えている

規制制度が完成したら、中国政府はBitcoinの門を再開するかもしれない。

あ~前も考察したけど、やっぱりそうなりそうウホ?
※管理人が今月一番気に入っている記事です。お願い!見て(´;ω;`)

この記事を書いた時にその可能性に触れましたけど…法律面や政府としての公式見解はグレーのままにしてあるのは、将来的に野心があるからでしょうね。

振り回される国民はたまったもんじゃないウホね

たしかにその通りですが、既に海外取引所に取引の場所を移して利用していたりするのが大半みたいです。
少なくても、「儲かる」と思ってトレードを行っている人達は簡単には諦めませんしね。

そうなると取引所が一番被害受けてるっぽいウホ?

ん~既にいくつかの取引所は国外での取引所開設に向けて動いています。
日本でも金融庁にライセンスを申請している中国の取引所があるようです。

それって…うーん、うまく言えないけどう~んって感じするウホ!

仮想通貨の市場そのものは今後も成長が期待できますし、広い意味で日本の利益になるような形ならいいかなぁ…とは思いますが、その辺は金融庁や関係機関の対応に期待するしかないですね。

腕の見せ所ウホよ!!

※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
cointelegraph.com


スポンサーリンク

コメントを残す