中国・BTCChinaが預金受け入れを停止

BTCChinaが取引停止に向けて、業務を進める

BTCChinaは、今月中に中国での事業をシャットダウンする準備を進めているが、9月27日12:00に利用者からの仮想通貨と預金の入金を停止した。

BTCChinは7年前に取引プラットフォームを開設し、かつては世界最大規模の取引市場であったが、9月30日の取引停止に向けて、幕引きの準備を進めている。

ウホー。。けっこう長い歴史だったウホね?

記事内の表現がちょっとわかりづらいかも知れないので補足すると、『利用者からの入金、仮想通貨の預け入れを先に停止します』という形のようです。
まぁ実際に取引停止が決まった以上は、滞りなく業務を進めて円満に幕をひけるといいですね。

BTCChinaの告知内容

《引用元⇒btcchina.com

HPに告知されている内容をGoogle翻訳したものです。

最終的な引き出し期限は10月30日

BTCChinaは、デジタル資産と人民元の引き出し期限を10月30日に発表しました。資産のセキュリティを確保した上で、3日以内にすべての引き出しが処理されると発表しています。

BTCCが中国本土で事業を縮小する中、最近開設されたBTCC DAXは「仮想通貨から仮想通貨への純粋な交換」であり、引き続き稼働を続けるという。
また、BTCCプール(おそらくマイニングの意)、BTCCのUSD取引およびその他の事業は引き続き稼働する。


告知を見ての感想

あれ?なんかこうやってみると…意外に元気ウホね?

私もBTCChinaの通知を見に行った時に同じ感想を持ちましたwなんかこの通知だけを見ると、BTC/人民元だけが問題になっているようにも感じます。
重箱の隅をつつくような疑問なんですけど、ドルを持っている中国国民が、ドル⇒BTCという形でBTCCを使うのはOKなんですかね?

それがOKならいくらでも抜け道ありそうウホよ??

ですよねぇ…国外からの取引は引き続き行いますよって意味なのかな?
実際に取引所が停止に向けて業務を進めている現状で、政府からの公式発表とか確定的な情報が無いのが歯がゆいところですね…。

なんかモヤモヤしててずっとハッキリしないウホね

国外の私達がそう感じるくらいですから、実際に現地でマイニングや仮想通貨関連の仕事に関わっている人は、もっとイライラしてそうな気がします。
ソース不明の情報や、真偽不明の怪文書などが出ては消える現状を政府はどう思ってるんでしょうね。

中国関連の情報があるたび、そういうの出てくるウホねぇ…

私の気のせいかもしれませんけど、時間帯的にそろそろ何か出るんじゃないかと思ってますw

へ?

ここ数週間、中国関連の大きいニュースを記事にして、寝る前に軽くネットを巡回すると…例の文書やら、業界人の発言やらが出てる事が多いんですよ。

ただの偶然だとは思うんですけど!!

闇のオーラを感じるウホ!

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m
※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
cryptocoinsnews.com


スポンサーリンク

コメントを残す