中国・取引所が全面停止!からの~??

おまたせ!中国外で、運営を開始

10月31日、中国の仮想通貨取引所OkcoinとHuobiは、当局の命令により業務を停止しました。
そして11月…中国外に多くの事業を移転し、Okex・Huobi Proとして運営を開始しました。

HuobiはHuobi Proとして、P2P取引プラットフォームを開始し、OkcoinはOkexとして、P2P取引プラットフォームの立ち上げを発表した。

これらのプラットフォームは、CNYを含む複数の決済通貨を受け入れます。

OkcoinとHuobiはともに、中国当局の取り締まりに対し、中国の外に多くの事業を移転し、国際的な関連会社を通じてP2P取引プラットフォームを立ち上げることで対応した形です。
この対応は、中国の規制当局からの介入を回避しながら中国の仮想通貨市場にサービスを提供し続けるための手段として意図されていると思われる。

規制当局は息してる~?ウホw

スポンサーリンク

仮想通貨のP2P取引

そもそもP2P取引ってどういう事ウホ?

仮想通貨取引に関して言えば、『売買したいユーザー同士が直接(ネット上で)取引すること』です。
管理人とゴリさんが仮想通貨の取引を行うとして、本人同士が直接『ゴリさんに1万円振り込んだから、BTC送金して』という形です。

んじゃOkexは取引に関与しないわけウホ?P2Pなんだし

『Okexは取引の仲介をするわけじゃないのに、何すんの?』
『そもそもOkexが取引に関わったらP2Pじゃなくね??』

という疑問が浮かぶのは当然だと思います。

そうウホ!普通は間にOkexがあったらP2Pじゃないって思うウホ!!

なるほど、それじゃあまずLINEをイメージしましょう。あれってP2Pなんですよ。
会話したいユーザー同士のスマホorPCを直接繋いでるんです。LINEは電話帳のような役割をしてるんですね。

会話するまでの相手探しや準備はLINEがするけど、会話するのはユーザー同士》です。

[会話]の部分を[取引]に置き換えると…?

あぁあぁ~!なんとなくイメージ掴めたウホ!

P2P取引=本人同士の取引

P2Pを説明する時に、本人同士が直接取引するという説明になるので、イメージがちょっと違いますもんね。
ちょっと乱暴になりますけど、仮想通貨関連の情報に触れた時にP2P取引という単語が出てきたら

最終的な売買取引は本人同士がするもの』という感じで理解しちゃえばわかりやすいかもしれません。

やっとわかったウホ~ みんなP2Pって言うだけでサッパリ意味わかんなかったウホ~

実際の取引はどうやって行う?

Okexは、P2P取引を行う際に取引相手のリスクを軽減するとし、P2P取引のための明確な「マーケットメーカーモデル」を開発したと主張している。

「買い手または売り手が注文をしたときに、マーケットメーカーが買い手または売り手の取引相手になり、自己エクスポージャーを考慮して取引相手のリスクが分散されている」と述べています。
「認定されたすべてのマーケットメーカーは、Okexチームによる厳しい選考プロセスを経るだろう」

※エクスポージャー⇒特定の(価格変動)リスクにさらされている資産の割合のこと。


■Okexのブログに記載されていた説明文

《※引用元リンク⇒blog.okex.com

取引するのに保証金預けてスタートする形になるウホ?

管理人が実際にOkexで取引をしたわけではないので、断定するような言い方はできませんが、この説明を見る限りそれっぽいですよね。
単に売り手と買い手をマッチングするだけで何もしなかったら、無法地帯になるのは誰にでも想像できますし。

そっか~安全に取引できる仕組みないと誰も使わないウホね

実際の取引手順や仕組みなど、具体的なところまで調べたかったんですが時間が足りず…
今日のところはここまでの更新ですw

まとめちゃうと、これって中国外に拠点を移して、取引の仕組みを変更しただけウホ?

ザックリ言えばそういう形だと思います。
具体的な取引の手順など、詳細は把握していないのでわかりませんが、安全な取引ができるように配慮はされているでしょう。

そうウホね~ってか、CNYも使えるなら、これって規制当局が国内取引に介入した意味って…

うーん…管理人やゴリさんですら「国内の取引を停止したって、取引場所が海外になるだけで意味なくね?」という話はしていましたし…。

もしかしたらこの結果を事前に見越した上で、国ぐるみでビットコインの相場操縦を狙っt・・・・

おや?誰か来たみたいウホ

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m
※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
news.bitcoin.com


スポンサーリンク

中国・取引所が全面停止!からの~??” に対して 7 件のコメントがあります

  1. より:

    中国ならありえそうですね 笑

  2. 管理人 より:

    コメントありがとうございますm(__)m
    中国関係のニュースは、何か情報が出るたびに『???(; ・`д・´)』という印象なので、何か裏の意図が存在するのかも…と勘ぐってしまいますw

  3. 日本人 より:

    管理人さま
    中国政府の規制ですが中国内の取引所の運営凍結も考えられるのでしょうか?
    例えばバイナンスとか‥

    1. 管理人 より:

      コメントありがとうございます。バイナンスは香港の取引所ですので、恐らく問題ないと思います。
      また中国政府の規制発表は年中やってることなので、あまり気にしないほうがよろしいかと考えています。

コメントを残す