中国・仮想通貨騒動のカギは…

中国・仮想通貨騒動、週明けの情報は?

米・Bloombergで一連の騒動に関して記事が出ていました。

中国は国内取引所での仮想通貨取引を禁止する方針だ。
Bloombergの取材に対して中国人民銀行[PBoC]は、現時点ではノーコメント。

匿名を条件にBloombergに情報を提供した関係者からは、禁止されるのは取引所での仮想通貨取引に限られ、店頭取引[OTC]は停止する計画が無いという。

OTCとは?⇒Over The Counter
日本語で言うなら「対面販売」「店頭販売」でしょうか。
[売りたい人][買いたい人]が本人同士で取引を行う事です。


これって直接顔を合わせて取引するって意味ウホ?

いや、この記事の場合は[当人同士が取引所を介さずに売買する]という意味になると思います。
いくらなんでも電子データの仮想通貨を売買するのに「手渡し」のような手間をかけたら仮想通貨の意味がありませんし。

そうウホね。中国は取引所を潰したいウホ?

うーん…。ぶっちゃけ取引所を潰したとしても、取引そのものがOKなのであればSNSなりWEBサイトなりで[売買したい人]は自然に集まりますよね?

相当数の人が集まるような場所が出来れば、当然ながら手数料なりそのコミュニティの利用料なりでお金が絡んでくると思いますし…それって今の取引所と同じになると思うんですよね。

なんかモヤモヤするウホ…

やはり報道内容からも混乱を感じますね。

スポンサーリンク

関係者?&事情通?の発言は

仮想通貨に投資しているFBGキャピタル[FBG Capital]のチョウ・シュオチ氏は以下のように発言した。

『仮想通貨の取引量は間違いなく減ることになる』
『従来のユーザーは取引を続けるだろうが、新規参入のハードルは高くなる』
『中国の仮想通貨の発展は遅れる事になるだろう』

ゴリ(PC前)
FBGキャピタルってなんかすごい会社ウホ?

よくわからなかったので、調べてきたんですけど…そこのHP?的なWEBサイトが白バックにロゴと少しテキスト並んでるだけなんですよね…。問い合わせ用のアドレスが置いてあるだけで。

※リンク⇒FBGキャピタル

当局に凍結されたりしてるウホ!?

いや、それならトップページがそもそも表示されないはずですから、その可能性は低いと思いますね。
もしかしたら日本のIPアドレスからだと弾かれて開かないとかの可能性も無くはないですが…世界が舞台の仮想通貨で接続先の国を限定する意味が無いと思いますし。

つまり何が言いたいかって言うと…個人的には
『FBG Capitalのチョウ氏って…誰?』って感じなんですよ。

ゴリが許すから大きな声で感想を言っていいウホよ

いや…アメリカを代表するような報道機関様の報道ですから、間違いのない信頼度激高の情報ですね!絶対!

翻訳すると匿名希望&誰だかわからん人の発言なんかアテにならんわwって事ウホね?^^

…それ下に[※ゴリ個人の感想です]って書いておいてもらっていいっすかw
いや、そこまでは言いませんけど今の時代にGoogle先生で検索した時にパッと情報が出てこない仮想通貨業界の事情通って…なんともw

ニュース記事に関してはここまで。参照元表示の下に続きがあるかもしれません。

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m
※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。

中国取引所の発表したレポート

結局のところ、この騒動に関してはメディアの報道もモヤっとしたものが多いので、現地取引所がWEB公開しているレポートを探してきました。

週末からの報道をアチコチ調べてきましたけど、今後の中国の動向に関して、現状で一番カギになるのは結局これかなと思いました。

《OKCoin WEBサイトから引用》
※引用元リンク⇒OKCoin

WEBサイトを翻訳したものです。

原文を見たい場合は引用元から参照してください。
中国語⇒Google翻訳だとかなりわかりづらくなるので、サイト上部でアメリカマークをポチってからGoogle翻訳するのがオススメです。

ちょっと意味がわかりづらいとは思いますが、なんとなく言わんとしている事は読み取れると思います。


レポートの要点は

1.規制当局から通知は受け取ってないよ!Caixinの報道が本当か確認できない!

2.報道が真実で、当局から通知があればキッチリ従うし、お客さんのお金はしっかり保護します!

3.Bitcoin&P2Pは違法じゃないよね?報道が本当ならBTC/CNYの取引は停止してデジタル資産のP2Pプラットフォームする!

引用したのはOKcoinのレポートですが、中国主要取引所3社→OKCoin、Huobi、BTCCは、ほぼ同じ内容のレポートを出しています。

そして9月11日現在も3社は通常通り営業しているそうです。

規制はするって報道がバンバン流れてるのに中国人民銀行ってなんでノーコメントウホ?

それがホントに『…解せぬ( ˘•ω•˘ )』ですよね。

報道でこれだけ騒いでいたら、当然ながら相場に大きな影響が出るのは認知しているはずです。
それにも関わらず国としてノーコメントじゃ混乱して当然ですよね。

ゴリ…週末からずっと言いたいことがあるけど、聞いてくれるウホ?

もし国家ぐるみで相場操縦して利益ガッポガッポしてたらサイコーにおもしろいよなぁ…(ダメですよ!!確信が無いのに憶測で適当なことを口走るなんて私が許しません!)

おまえ思考と発言が逆になってるウホーー!!

えっ?(;´・ω・)


スポンサーリンク

コメントを残す