中国・中央銀行顧問「ICO禁止は正義」

中央銀行顧問は、政府のICOに対する姿勢を高く評価

中国の中央銀行顧問:盛宋Sheng Songcheng氏は、現地メディア財新(caixin)に対し、中国国内の《ICO》に対する政府の最近の取り締まりを支持していると述べた。


スポンサーリンク

中央銀行顧問の説明

Songcheng氏が中国地元紙の財新に説明した内容によると…。

私は、中国におけるICOの禁止措置や投資家への払い戻しの要請に完全に同意します。
私の意見では、これらの行為は、リスクを回避し、投資家の利益を保護することを主目的としている一方で、バーチャル通貨の取引をさらに規制する機会でもあります。さらに規制を行うとしても、中国がブロックチェーン技術の現在の発展方向を奨励し続けることは重要です。

私がこの意見を述べるにあたり、3つの理由があります。

Songcheng氏が語る3つの理由

※参考元の記事がものすごく長かったので、筆者の主観で要点と思われる部分を抜粋し、翻訳した文章を意味が通じるように構成していますm(__)m

10秒で読みたい人はゴリさんの発言だけ見てもいいと思います。

原文が見たい方はコチラへ→《財新リンク

①ICOの払い戻しを発行する事は公正な解決策です

ICOのいつくつかの点は、新株発行の公募増資に類似しています。しかし、本質的にICOが提供するものは株式ではなく、一般的に「トークン」と呼ばれるデジタル通貨である。これらのトークンは証券と同様に取引可能であるため、規制が必要です。

統計によれば、ICOを実施しているプロジェクトの90%が実際には予定していた計画を実行せず、最終的に消えてしまい、価値のない「空トークン」レベルに落ちる可能性があり、ピラミッド型(ネズミ講のような)トークンもたくさん存在します。

投資家にとってだけでなく、正当なブロックチェーンのスタートアップチームにとっても、大きな悪影響があります。このような背景から、規制当局がICOの急速な成長に細心の注意を払っていることは驚くことではない。主に投資家を保護することに重点を置いて、最初のステップは誰もが払い戻しを受け取れるようにすることです。

ICOは9割詐欺だから、とりあえず全部禁止で払い戻しがベストって言ってるウホね

それに巻き込まれている真っ当な運営者もいるんでしょうが、それを一緒に潰す形になってでも全面禁止が現状でベストな判断だと…そういうニュアンスですね。
ICOの90%が詐欺だという統計は、たしか以前に人民銀行の調査でどうのと聞いたような気がします。それだけ正確な統計を導き出せるくらい実態を把握していたのなら、手の打ちようがありそうなもんですけどねぇ。

②ビットコイン取引は可視化されるべきである

技術進歩は人間社会の発展を助け、制度改革を促進したが、技術は決して国の経済政策を置き換えることはできない。
私はハッキリ申し上げます。中央銀行が発行したものを仮想通貨で置き換えることはできません
現代国家が経済を規制し支配するために用いることができる主要なツールの一つは通貨政策であり、中央銀行は通貨を発行する権利を独占的に所有しなければならない。

将来的には「現金(お札や硬貨)を使わない社会」になったとしても、中央銀行は引き続き主要な役割を果たすでしょう。
それ以外の管理方法は、金融政策を混乱させ、経済全体を悪化させる。これは世界のどの国にも適用されます。すでに現金なしの状態に達しているいくつかの国では、中央銀行は依然として管理者の役割を果たしています。これらの国々はすべて人口が少なく、人間の質が高く、国内総生産(GDP)が高い国です。

しかし、ビットコインはグローバル化された資産なので、完全に禁止することは難しいです。
匿名性や、価値の増減などをシステムとして持っている為、ビットコインとその他の仮想通貨取引は可視化する必要があります。
匿名性を保ちつつ、簡単に資金を移すことができ、これは中国の資金管理とマネーロンダリング防止への取り組みに挑戦するものです。
規制当局は、仮想通貨を使った違法行為に対し、より厳しい監督を行うべきである。

中央銀行が管理する通貨以外は、信用ならねぇから徹底的に取り締まるぞってことウホね?

不正防止の為にどーのこーのという話は、当たり前の事なので、そこはともかくとして…なんか必要以上に中央銀行をワッショイしてる気がしません?
仮想通貨を完全に禁止はできないけど、中央銀行は通貨を発行する権利を独占的に所有か…

赤いChina専用モビルコインやりたそうウホw

③ブロックチェーン技術が奨励されるべきである。

ブロックチェーン技術自体は奨励する価値があります。それは既に、金融界における非常に重要かつ革命的な発展として広く認められています。

ブロックチェーン技術は、電子商取引など、さまざまな分野に適用されていました。中国で作成された多くのアプリケーションは、これまで世界のどこでも行われていませんでした。広範なインターネットカバレッジ、膨大な人口、そして最も重要なことに、モバイルファイナンスの高い受諾により、中国はインターネットアプリケーションのようにブロックチェーンのイノベーションにおいて主導的地位を占めるかもしれません。

ブロックチェーン技術は、急速に中国で発展しており、それに伴う混乱は避けられません。専門家と規制当局によるタイムリーな介入は、ブロックチェーン業界にとっては良いことです。

ICOはうまく規制できないから全面禁止にしたけど、ブロックチェーン技術は中国が一番(になりたい)です!って願望ウホね

非常に的確かつ、素晴らしい要約ですw
必死にタイピングするよりゴリさんの発言だけで良かったんじゃないかとここまで書いてから後悔していますw


参考程度がいいかもね

まぁ…Songcheng氏は政府側の人なので、そのつもりでこの発言を参考にしておくのがいいかもしれませんね。

広範な*ネットカバレッジって…それ人口多いだけだろ!って3秒でバレる見栄張るなウホ。。。

※ネットカバレッジは、視聴者の合計数とかの意味合いなので間違ってはいないんですけど、自国の人口が多くて数が多い=世界を主導してるというのは少し無理がありますよねw
それはともかく、中央銀行の顧問からの意見ということですし、これは『中国政府の見解に近いもの?』という捉え方もできるかもしれません。

てか、なんで政府の偉い人とか、中央銀行トップが意見出したりしないウホ?

完全な推測ですけど、後で困った時に「手の平クルッ♪」がやりづらくなるからじゃないですかね?
ICOも仮想通貨も発展途上ですし、世界中で今後どういった扱いが定着するか手探りの状態です。Songcheng氏に発言させる事で[保険]にしてるんじゃ?

漫画とかで「お前の死は無駄にはしない!」って言われる役の人ウホね

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m
※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
coindesk.com
caixinglobal.com


スポンサーリンク

コメントを残す