中国・中央銀行総裁が仮想通貨を語る

中央銀行総裁が仮想通貨を語る

中国人民銀行総裁〔周 小川 Zhou Xiaochuan〕氏は、北京で行われた中国人民代表大会の記者会見の場で、『ビットコインと他の仮想通貨を合法的な支払手段として認識していない』と語りました。

仮想通貨には厳しい意見

ロイター通信の記事から引用

「Bitcoinやその他のデジタル通貨を紙幣、硬貨、小売用のクレジットカードなどのツールとして認識していない」
「銀行システムはそれを受け入れていない」と述べた。

周氏は、『私達は、1夜にして大金持ちになるかのような錯覚を人々に与え、巨大な投機的機会を作り出す仮想通貨を好まない』と語っている。

ホハー いつもの平常運転って感じウホね


ブロックチェーン技術には積極的

ブロックチェーン技術については、その開発に積極的な姿勢を示しつつも、新しい技術の普及が『過度に伝播しすぎないようにする必要がある』と語りました。

ブロックチェーン技術の運用には、サービスを展開する前に徹底的なテストを実施する必要があります。
無防備な拡張は、セキュリティ面・財務上の安定性に深刻な問題を引き起こす可能性があります。


これはまぁその通りウホ。特に強烈な事を発表したワケじゃないウホね?

一応、以前から話にはあった国家主導のデジタル通貨に関して、名称について軽く触れていたようですが、具体的な内容については言及していないみたいです。

なにかやるにしても、発表とかする前に裏でゴリゴリやるイメージしかないウホw

最近話題になっていた仮想通貨関連のネット規制について、何か発表でもするんじゃないかと思っていましたが、そういう話は見当たりませんでした。

まぁ…全国人民代表大会はまだ期間があるので、今後なにか政府としての意見が出てくるかもしれませんね。

あんま出てきそうな気がしないウホ…

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m ※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
uk.reuters.com
cointelegraph.com
www.coindesk.com


スポンサーリンク

コメントを残す