世代ごとの仮想通貨への理解とギャップ

仮想通貨の急騰でメディアに登場→中華ポジトーク→コインチェックのハッキング騒動。ここ2ヶ月は激動でした。

ブログのアクセスにも顕著に現れていて、12月にアクセスが2倍に増えたと思ったら、出川組が暴落で焼かれて元通りw「噂のブログ飯くるのか~?」と期待してワクワクしていましたが、そんなことはありませんでした。

甘くないウホw

仮想通貨に対する世代のギャップ

各メディアを見ていると顕著ですが、10代~30代の年齢層は仮想通貨をポジティブに受け止める人が多いですが、中高年以上の層では仮想通貨を忌み嫌う人が不思議と多いようです。

自分の親の年代の人に仮想通貨やそのメリットを説明しろと言われたら・・想像するだけでウンザリします。興味があるなら別ですが、友人にすら説明するのが面倒だと思ってしまいます。

仮想?怪しいんじゃない?ハッキングされるんでしょ?

面倒臭そうな光景が目に浮かびます。

先が見えないから仮想通貨?

管理人は「純粋に仮想通貨が世の中を変えうる新しい技術であって、見守っていたい。将来が楽しみ」と考えていますが、これに金銭的な利益が伴うのであれば一層楽しいです。

一方高齢化が進む日本は中高年以上の世代であれば定年で「逃げ切り」が成立しますが、若い世代では正直先が見えません。年金制度はいつ崩壊するか分からないし、健康保険も維持するのがやっとの状態。

どうしようもない格差があるのも事実。これらは「所得・教育・老後」に大きくのしかかります。

先が見えなくて、明るい未来が見えてこない若い世代に「一発逆転」を狙えることが、仮想通貨に引き寄せている面もあるかもしれません。

仮想通貨の魅力は何だろう

ここ最近は価格のジワ下げで市場のモチベーションも一段階落ち着いたように思えます。管理人は放置スタイルなのであまり変わりませんが、含み益が減っていくのはモチベーションが少し下がりますw

仮想通貨の何に魅力を感じているのか、少し考えてみました。

投機(金銭的な利益)

儲かるのは楽しいですね!楽しくない人はいないと思います。2017年はフィアットマネー(法定通貨)がどんどん仮想通貨市場へ流れ込み「何でもイイから仮想通貨を買っておけば上がる」状態だったので、美味しい思いをした人も多いのではないでしょうか。

投資(技術への興味と期待)

ブロックチェーンを用いた技術はとても面白く、将来性があると感じている人が多いのではないでしょうか。

管理人は様々なプロジェクトを眺めて、色々な想像をして楽しんでいます。興味のある通貨は買ってみるし、またその逆も然り。VRやゲームアプリプラットフォーム等の興味のあるICOにはひっそりと参加していて、オススメできるICOは記事でも紹介しています。頻繁にエアドロップも開催されているのも仮想通貨ならでは。面白いですね。

中央集権や銀行への不信

銀行窓口から海外に送金しようとしたら1時間待たされる挙句、質問攻めにあって、マイナンバーの提出を求められて更に高い手数料を払わされる。カード決済の場合は理不尽なスプレッドで強制決済。窓口からの送金は着金に約1週間。

銀行ATMはネットバンクでなければ24時間は使えない。銀行の金利はあってないようなモノ。銀行に寝かせておくくらいなら、仮想通貨を買って放置しておいた方がメリットがあるんですよね。

なぜ仮想通貨を忌み嫌う?

それなりに考えてみました。

投機→金銭的な利益が不要

先が見えていて「逃げ切るだけ」なので、わざわざリスクを犯して「一発逆転」の勝負する必要が無いからです。ラクして儲けているように写るので、不快に感じる方が多いと思います。正直「億り人」は彼らにとって煽り言葉でしょう。メディアがバ〇の一つ覚えのように「億り人」なんて連発するので、嫌悪感は高まるばかりでしょう。

投資→技術の正体が分からない

携帯電話もインターネットもそうでしたが、正体不明な物(技術)への嫌悪感というものがあります。各メディアの記者やニュース番組を見ていても、技術を理解していない人たちがよく吠えているように思えます。

一部の人を除いて「理解ができないから怖くて、受け入れられない。なんとなく怖い」と思っている方が多いように思えます。逆を返してみれば政治が不透明で先が見えないという不信感が、若者達を同じような感覚にさせているような気がします。

情報の仕入れ口の違い

インターネットに慣れ親しんでおらず、調べ方や使い方がよく分からない。知識の中心がTVメディアになるので、偏った知識が身に付きます(勿論インターネットの情報のみも偏るかもしれません)。中途半端な知識のメディアや新聞がこぞって仮想通貨を叩けば「ほらみろ!」といわんばかりの悪循環が発生します。

情報の仕入れ口が違うので、こればかりはどうしようもないです。

ギャップは埋まらないと思います

冷静に分析してみると、ちょっとしたジェネレーションギャップなのかもしれないと感じました。結論として双方が歩み寄らないとギャップは埋まらないと思います。むしろどんどん広がるような気がします。

生活に溶け込めば否応なく適応することになるので、まずはコンビニ決済に仮想通貨が使えるようになると良いかもしれませんね。


スポンサーリンク

コメントを残す