ロシア銀行、ICOのリスクを警告

ロシア銀行、ICOのリスクを警告

ロシア連邦中央銀行は、Bitcoinやアルトコイン・ICOを含む仮想通貨のリスクを警告する声明を発表した。
同銀行は、ロシアの金融インフラ内で仮想通貨の流通・利用・ICOでの利用を許可する事は時期尚早だと述べている。


仮想通貨が危険だって中央銀行が言ったウホ?

ロシア銀行のレポート原文も見てきましたけど、仮想通貨が危険というニュアンスよりも『仮想通貨が法整備外の運用や、違法行為の資金提供に使われる危険性』という点を強調しているような印象でした。

管理人の主観ですが、法整備の面が追いついていない為、明らかにサギ半分で資金集めをするような行為に対して、一般の利用者を守る事が現状では難しいという面が影響していると感じますね。

ウホー、悪者が仮想通貨をエサに使ってるウホね…

もちろん危険性の警告の全てが、そういった事例を指しているわけではありませんけど、どうしても不正行為に関しての比重が大きいように感じます。

スポンサーリンク

ロシア銀行の考える仮想通貨リスク

仮想通貨の運用は為替レートの急激な変動、ICOによる資金調達などにおいて高いリスクを負っています。
トークンによる新しい仮想通貨の発行と販売は、市民への投資を誘致する形になっている。

仮想通貨を発行し、それを取り扱う時に、所有する事へのリスクと同様に技術的な面のリスクがあると中央銀行は述べた。

これは市民の財政的損失や、違法行為に巻き込まれた場合に、消費者の権利を守る事ができないという結果に繋がる可能性がある。

仮想通貨の匿名性により、市民や法人が、マネーロンダリングやテロ資金調達を含む違法行為に巻き込まれる可能性があると主張している。

ウホー、やっぱりICO寄りの内容ウホね?

そうですね。Bitcoinやアルトコインの仕組みが危険というよりも…仮想通貨が一般の市民に認知されていくにつれ、《仮想通貨という言葉を使った不正行為》が増えているのだと思います。

先日の記事で、Googleの分析結果から、ロシアでの仮想通貨関連の検索件数が大幅に増加しているとの記事を引用しましたが、仮想通貨の広がりと共に、不正行為に巻き込まれる層も増加しているんでしょうね。

さらに銀行は、他の関連機関と協力して仮想通貨市場を監視し、ロシア連邦でそれらを定義・規制するアプローチを開発する事を明らかにした。

『ロシア連邦と州の法的規制の外で暗号化された大部分の操作が行われている』
『それらの保護は保証されておらず、ロシア銀行によって提供されていない』

と付け加えた。


ニュースを深読みしてみる

うーん…これって少なからず[意図]が見え隠れしますね…。

なんか銀行経由してないから危険だよーって聞こえるウホ

そうなんですよ。もちろんマネーロンダリングやテロ資金調達などは厳格に取り締まる規制が必要なのはわかりますが、それをネタに『仮想通貨は危険だよ!銀行通さないとダメだよ!』
という方向にアピールしてるように感じるんですよね…

銀行経由したら手数料まみれウホ!

実際にそうなると仮想通貨のメリットが薄くなってしまうわけですし…ちょっと深読みしすぎですかね?

とはいえ、ICOの形を利用して詐欺まがいの資金集めを行う悪者は後を絶ちませんし、それらに対する警告として受け止めておきましょう。

ゴリも新しくバナナコインを作るから、みんな投資するウホ!
バナナは成長する木だからコインも絶対成長するウホ♪

さすがにそれで投資してくれる人は少数でしょうけど、説明の仕方が上手になれば資金集め出来るかもしれませんねw

この辺は、投資する側の[意識の高さ]も大事ですね。

法整備が追いついていない現状だからこそ、大きな値動きで利益を生む事もあれば、逆の結果になる可能性もあると認識しないと。

今回の記事は、そういった危険性をロシア銀行が、みんなに周知する為の意見表明ですね。

ロシアだけに限らず、世界全体の仮想通貨市場の健全化を第一に考えた素晴らしい行動だと思います!

…いま誰も見てないから管理人の本心を書くウホ

ロシア:課税するぞ!課税するぞ!課税するぞ!

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m
※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。


スポンサーリンク

コメントを残す