ロシア・世紀末覇者が動く

ロシア・プーチン大統領の意向

ロシア連邦のウラジーミル・プーチン大統領は、10月10日に仮想通貨を議論する会議を開いた。
この会議には、中央銀行総裁・副議長・財務省などの主要な規制当局が参加した。
プーチン大統領は様々なリスクを認めつつも新しい技術に対しての適正な規制』の重要性を強調した。


スポンサーリンク

リスクには注目しつつも…

プーチン大統領は『仮想通貨がマネーロンダリング・課税回避・テロ資金調達の機会になっている。それと同時に一般市民が犠牲者になるかもしれない詐欺的な制度を広げるための機会になっている』と語った。

さらにプーチン大統領は、仮想通貨の安全面の懸念を強調した。

『システムが故障したり、現状のバブルに大きな変動があると、そのことについて法的責任を負う主体は存在しません。これは、この話題を議論する際に留意すべき深刻な問題です』説明しました。

『仮想通貨の使用には重大なリスクが伴います。その意味で私は中央銀行の立場を知っている。私は総裁とこの話題について話し合ってきました』

不必要な障壁は作らない

プーチン大統領は、仮想通貨に関わるリスクを述べつつも、適正な範囲での規制の必要性を強調した。
いくつかの諸外国が仮想通貨の法的枠組みに取り組んでいる事を挙げた上で、以下のように発言した。

「現代の金融業界の技術は、企業や市民に新しい機会を提供し、ビジネス活動や日常生活をより便利にすることは間違いありません。一部の国では本格的な決済手段としての位置と流通量がある」

「銀行分野における新技術ソリューションの優位性を活用すべきである。同時に不必要な障壁を設けない事が重要であり、国家金融システムのさらなる成長と改善の為に、必要な条件を作り出すべきだ」と語った。


プーチンさんもツンデレ?

あれ?なんか昨日の中央銀行の意見と温度差あるような?

そうですよね。昨日の報道であったShvetsov氏(中央銀行第一副総裁)の発言内容は「仮想通貨の交換を遮断する」という話でしたけど…プーチン大統領は[不必要な障壁を設けない]事が重要だと意見を述べてますね。この[障壁]という部分はShvetsov氏の発言を指しているように感じますね。

中央銀行が大げさに遮断するとか言って、プーチン大統領はこの発言って、なんかかみ合わないウホ…

というよりも、なんか…どっかで聞いたような感じというかデジャヴというか、最近他の国でこんな話ありませんでしたっけ?
仮想通貨関連のネットワークを遮断するとかいう話がでて、ゴリさんと「完全に遮断は無理じゃない?」みたいな話をした記憶が…。

あ!レッドサイクロンウホ!

そうそう、ちょっと似てますよね。ロシアの方は実際に取引を遮断したりなどは行っていないみたいですが、Shvetsov氏の発言を[市場へのプレッシャー]と思って受け止めれば納得できるな~と思いまして。やっぱり本音は不正・脱税などを防ぎつつ、自国内に流通させたいんじゃないですかね?

あー。。でも現状では上手く規制できないからプレッシャーウホ?

個人的な印象ですからなんとも言えませんけど、そういう意図を感じますね。規制の枠組みを作るまでに時間がかかるから、市場全体に対して『大々的に不正な事したらお前ら〇すぞ!』という圧力をかけているように感じますw

それありそうウホw

もし今の時期にロシアで仮想通貨を題材に大々的な不法行為などが当局に見つかったら…プーチン大統領の本気を見る事になるんじゃないかと思います。

闇に葬られるか、全力でフルボッコの2択なりそうウホ((((;´゚Д゚)))

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m
※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
news.bitcoin.com
tass.com


スポンサーリンク

ロシア・世紀末覇者が動く” に対して 2 件のコメントがあります

コメントを残す