ロシア・マイニングできない仮想通貨を国が発行へ

国家主導の仮想通貨を発行へ

ロシアの週間新聞[Argumenty i Fakty(AIF)]によると、ロシアは国家主導の仮想通貨cryptorubleを発行する予定です。

この決定は、モスクワで行われた非公開会合の結果を受けて、Nikolay Nikiforov通信大臣が明らかにしました。


スポンサーリンク

cryptorubleはどんな仮想通貨?

Nikiforov通信大臣は、《cryptoruble》が迅速に開発・発行されると主張した。

ロシア発行の仮想通貨は、当局だけが発行・管理・維持します。

cryptorubleに使用される技術の詳細は現段階で発表されていないが、Nikiforov氏は[採掘(マイニング)する事はできないと付け加えた]

え!マイニングできないって…んじゃ取引はどうやって管理するウホ?

この発表だけじゃなんとも言えませんけど、当局が管理するんじゃないですかね?
マイニングができない=当局が管理=今までの通貨と一緒なんじゃないの?という疑問が浮かんでしまうんですが、何か革新的なシステムでも実装するのかもしれません。

もちろん税金も取られるっぽい

※管理人より同ニュースを複数のサイトで見比べてみましたが、課税の仕組みについてハッキリとした形がわかりませんでした。
なので、ここでは[AIF]の記事から該当部分を抜粋してGoogle翻訳しただけの記事を引用しますm(__)m

それは個人所得税の支払を合理化することが計画されています。
したがって、所有者がcryptorubleの出現理由を説明することができない場合、それらをロシアのルーブルに翻訳すると、彼の税金は合計の13%になります。
cryptorubleを売買すると、その差額は13%になります。これらの問題はまだ議論されていないとNikiforov氏は述べている。

…これってもちろんロシア国内に限って流通させるウホ?

おそらくそういう事だと思います。具体的にどう運用するのか詳細がわからないですが、仮想通貨としての価値も自国通貨のルーブルと同じになるんじゃないでしょうか?

え…それってスマホにチャージできるルーブルになるだけなんじゃ?

うーん…いま一生懸命メリットを考えているんですけど、取引がデジタル的に記録されて、税の申告やらの手間が減ったりするとか??
でも、開発して発行して、周知して普及させるコスト使ってまでやる価値あるのかな…。

詳しくわからないからアレだけど、モヤモヤするウホ…

これに関する国民の意見もチラチラ見てきましたけど

「普通のルーブルで、国民の生活をしっかり確保する方よくね?」
「俺はこれ使わんわ~、むしろ現金の方いいだろ。仮想通貨が国に縛られたら意味なくね?」

といった意見が目につきました。


他の仮想通貨との関係は?

仮想通貨の規制に関して、Nikiforov氏は以下のように説明しました。

cryptorubleの作成は、ビットコインと他の仮想通貨の合法化と同等ではありません
ロシアの仮想通貨は、ロシアの暗号を使用する必要があります。

なんかビットコインとかを突き放した言い方ウホね?

つい先日には、プーチン大統領が「不必要な障壁を設けない」なんて発言していたと報じられてましたけど…この通信大臣の発言ってどういう意味なんでしょうね?

二転三転しているというか、大魔神が顔の前で手を交差すると笑顔と怒り顔がコロコロ変わるようなイメージです。
どちらにしても導入されるcryptorubleの詳細が伝わるまでは、続報を待つしかなさそうですね。

プーチン大魔神の顔色を伺うウホ!

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m
※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
http://www.aif.ru
news.bitcoin.com


スポンサーリンク

ロシア・マイニングできない仮想通貨を国が発行へ” に対して 2 件のコメントがあります

コメントを残す