ロシア・プーチン大統領『レースで遅れる事はできない』

ロシアのプーチン大統領は、同国最大の銀行である〔Sberbank〕の銀行頭取 Herman Gref氏との会議の場で、ブロックチェーン技術に関してのロシアの姿勢について見解を示し、ロシアが技術革命の開発・採用に遅れを取らないことが重要だと強調した。

ブロックチェーン技術が必要です

You TubeのニュースチャンネルRussia Insightでは、プーチン大統領とGref氏の会議の内容を公開しており、プーチン大統領は以下のように発言を行っている。

プーチン大統領

「ブロックチェーン技術が必要です。石の時代は石の欠如のために終わったわけではありませんが、新しい技術が登場したためです」
「そして今、新しい技術が世界に登場します」

大昔の道具の進化を例にしてるウホね。石より便利なものが出来たから他の道具を使うようになったって意味ウホ?
Gref氏

Gref氏は、プーチン大統領に対し、世界中の産業規模のためにBlockchainの専門家を養成するプログラムの必要性を語りました。

その革新を促進するために、「禁止」ではなく「非常に慎重な規制」の必要性を指摘した。

Sberbankは、過去にもcryptocurrencyに対しての柔軟な姿勢を示しており、投資家が暗号市場に投資する際に必要なあらゆる種類の商品とサービスに、戦略的なアクセスを提供することを目指すと述べている。


レースで遅れる事はできない

プーチン大統領は、「レースに遅れている」人達は、ブロックチェーンを早く採用した指導者に依存する事になるだろうと述べ、「ロシアが依存する立場になることは認められない」と述べている。

ホッハー プーチンってすげーズバっと物言うウホね

技術革新であるブロックチェーン技術に乗り遅れると、今後は先駆者に依存するしかない、だからロシアがそんな立場になるわけにはいかねーんだ!なんて言われたら…「その通りだ!」って言いたくなっちゃいますよねw

仮想通貨にはまだ迷ってる感じあるけど、技術面は大好きみたいウホね

合法的な決済方法としては認められないとして抑制はしつつも…現状は、どういった形で合法化するか模索しているような感じなんでしょうね。

なんか好意的な感じはするウホねー

資源大国のロシアとはマイニングも相性がいいですし、企業の誘致なども度々ニュースが出ますもんね。

気候や電気代などの面では抜きんでていますし、ロシアが「覇権を狙う」のもリアリティがあるシナリオな気がします。

日本もメイドジャパンの心意気を見せてやれウホ!

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m ※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
www.ccn.com
bitcoinist.com


スポンサーリンク

コメントを残す