<ガチだった>ロシアが本気でマイニングに取り掛かる模様

以前記事で紹介しましたが、ロシアさん本気でした。

ロシアさん本気だった。恐ろしあ

地方刊行物によると、ロシア初の副首相イーゴール・シュワロフ氏は、暗号侵害鉱業のための政府センターの設立について議論が進行中であることを明らかにした。

一方ビットコインを含むデジタル通貨の法的枠組みを提供するための法案が完成した模様。

ロシアでは、この分野が世界で急速に発展していて、将来について話しました。

議論の中で彼が言及したのは、発電所が近くに鉱山センターを置くことができるという問題だった。しかしまだ具体的なプロジェクトがないまま議論しており、暗号化マイニングセンターが発展するためには、関連する法整備を行う必要があると述べてます。

Bitfury Groupによれば、ロシアは現在、世界の採掘能力のわずか2%を占め、中国は60%をリードしている。米国とカナダは全体で16%、ジョージア州では6%、ヨーロッパでは5%の市場シェアを誇っています。Bitfuryはロシア語を母国語とするラトビアのValery Vavilovによって設立されました。

このニュースは中国と競争するために、1億ドル相当の暗号侵害を引き上げ、大規模なビットコイン鉱業事業を開始するロシアマイナーコイン(RMC)の最近の発表に近づいた。


ロシアは法整備を準備中

RMCはウラジミールプーチンの顧問であるインターネットオンブズマンのドミトリー・マリニチェフ(Dmitry Marinichev)の共同所有の会社であり「ロシアは将来、世界の暗号化鉱業における30%のシェアを達成する可能性がある」と述べた。

エリトゥム財団の監督委員会員であるヴラディスラフ・マルティノフは、「ロシアにおける鉱業への関心の高まりは、同国に過剰な電力があり、十分に安いという事実に起因する」と説明した。

RMCの発表によれば、「ロシアは20ギガワットの余剰電力容量を持っており、キロワット時には80 kopek(1.3 cents)という低消費電力で、中国よりも少ない」と説明している。

ロシア政府は、昨年、ビットコインを含む暗号侵害に対する姿勢を大きく変えました。2016年の初めにビットコインを禁止するための法案が導入され、その後、取り下げられ、7月のビットコイン採掘を禁止する法律案に差し替えられました  。しかし、今日では、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)を含むものを含む、デジタル通貨を好む多くの法案や規制に取り組んでいます。

BitcoinとEtherを含む暗号化の法的枠組みを提供する法案は、現在、規制をドラフトするためにチャーターされたワーキンググループを率いているElina Sidorenkoによると、確定されている。

6月上旬に、中央銀行は国家の暗号侵害の開発を開始したと発表した。パイロットプロジェクトは既に進行中で、当時のオルガ・スコロボガトワ副議長は述べた。

マイニング競争が激化しそうウホ

※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。


スポンサーリンク

<ガチだった>ロシアが本気でマイニングに取り掛かる模様” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す