マルタ共和国が仮想通貨の中心地へ。仮想通貨取引が世界最大に

マルタ共和国の仮想通貨取引が世界最大に

仮想通貨に関する法的枠組みが整備されているマルタ共和国が、仮想通貨の取引高で世界で最大のシェアを占めていると報道されました。仮想通貨取引所の分布や取引高を参照にした調査だそうです。

BinanceもOKExもマルタ島入りしてるウホー

そうですねえ。ニュースは当サイトでも取り上げたので皆さんの記憶に新しいと思います。

取引高で世界最大のBinanceと、現在2位につけているOKExがマルタ共和国に拠点を置いているので、世界最大量の取引が報じられても不思議じゃないですね。

ちなみにイギリス・香港・アメリカ・シンガポール・トルコで取引が盛んにおこなわれているそうです。

「よく整備され、魅力的な規制がある国は、取引所を誘致する。デジタル通貨や顧客の資産の扱い、反マネーロンダリング・ポリシー、税などを規定する法が整っていれば、企業は将来の計画が立てやすく、その国を魅力的に感じる。低税率は利益の一つだ」

マルタは仮想通貨事業に好意的な姿勢を採ると発表していましたが、大成功しているようです。

旅行で行ってみたいウホ

Google検索すると、まるでボートが宙に浮かんでいるようです。治安がとてもよく、公用語も英語。是非とも行ってみたい国ですねえ。


スポンサーリンク

コメントを残す