マルタに次いで、スイスが仮想通貨の中心都市に名乗り

スイスは安定した治安、優れた銀行、有名大学、優秀なブランドで知られています。

実は管理人も一度訪れたことがあるのですが、とても良い国なんですねえ。

そんなスイスではブロックチェーンの拠点「仮想通貨の金融ハブ」を目指そうという構成が進んでいます。

元よりスイスではブロックチェーン・仮想通貨に対して積極的な姿勢を見せていて、ビットコインでの納税を認める街も存在します。

積極的ウホー

クリプトバレーからクリプトネーションへ

上記事で積極的な姿勢を紹介していますが、規制当局と中銀との意見が対立しているようです。

スイス金融市場監査局は仮想通貨を受け入れようとしているが、スイスの中央銀行であるスイス国立銀行は懐疑的で、仮想通貨のリスクを警戒しています。これに伴い各大手銀行も懐疑的な姿勢。

銀行側は「マネーロンダリング防止の厳格なルールが守られるまでは、極めて大きなリスクである」と述べている。

仮想通貨のマネーロンダリングの問題は仮想通貨を取り巻く全ての環境で囁かれているのでありきたりではあるのですが、正直なところ相手のウォレットやその先の取引が丸見えというのも如何なものかと思います。

クリプトネーションを名乗るには、これらの障害を乗り越える必要があります。

マイニング企業がスイスに進出

以前記事にしたように、マイニング企業「Bitmain」はスイスに子会社を設立しています。

次回G20でマネーロンダリングの話題が提示されて今後体制が整い、クリプトネーションへと名乗りをあげると仮想通貨取引所の進出も考えられます。

現在のところはBinanceやOKExの進出でマルタへ軍配が上がりますが、今後の展開から目が離せません。

口座開設に身分証必須にすれば良いのでは?

日本の取引所に至っては口座開設時に身分証が必須ですが、海外取引所では身分証無しで取引が可能です。韓国は定着していないようですが、そのような動きが始まっています。

Binanceではパスポートを提出しないと1日あたり2BTC以上の出金ができません。

既存の銀行口座の開設の際にどのような規制を設けているのか分かりませんが、口座に身分証を紐づけておくだけでマネーロンダリングや脱税リスクをある程度防げるのではないか?と管理人は考えるのですが、どうなんでしょうか?


スポンサーリンク

コメントを残す