マイニング企業[Bitmain]スイスに子会社を設立へ

[Bitmain]スイスに子会社を設立へ

中国に本拠地を構えるマイニング企業の大手《Bitmain》は、スイスに子会社を設立する見通しだ。

スイスのビジネスニュース[Handelszeitung]の報じるところによると、Bitmainの子会社は現在(ツーク州)に建設中です。

同社の正式な署名者には、Bitmainの共同設立者Jihan Wu氏が含まれる事が、Zug商号登記所のデータから明らかだという。

Bitmainの報道担当者は、『より良いサービスを提供する為にヨーロッパに拠点を建設する良い時期だ』と語り、スイスを「最も進歩的な国の1つ」「法的に安定している」と評価している。


スイス・ツーク州と言えば

スイスは早い段階からBitcoinに代表される仮想通貨に対して、寛容な体制を取っています。

その中でもZug(ツーク州)はスイスの*クリプトバレーとして有名です。

※クリプトバレー⇒ITの拠点であるアメリカ・シリコンバレーからヒントを得て、仮想通貨やブロックチェーン技術などを歓迎したり、寛容な規制で積極的に進めるような地域に対しクリプトバレーと表現するそうです。

もともとはEthereumの創立者の一人であるMihai Alisieが発言したものだとか。
ちなみに、Ethereum財団の本部はZugにあり、他のFintech企業などが拠点を構えています。


Bitmain社は、スイスからどういったサービスの提供を行うかについてはまだ発表を行っていない。

同社の報道担当者は「ハードウェア・ソフトウェアおよびそれに関連するブロックチェーン技術、人口知能などの分野に関連する」と述べています。

「Bitmain Switzerlandはグローバル展開に重要な役割を果たします」

ウッホー けっこう力入れてそうな感じウホね!

最近の中国での情勢も影響しているのかもしれませんね。
風当たりの強い中国内よりも、歓迎してくれる土地の方が今後にも明るい展望が持てますし。

この勢いだとZugにドンドン集まりそうウホね

いつか見学に行ってみたいですよねw画像や動画などでマイニング施設を見かける事はありますけど、実際に建物内に入ったら、どんな規模で機器が動いてるのか気になります。

それにしても国によって全然違うウホー

そういう意味で言えば、今年は世界各国が仮想通貨に対しての立ち位置を決めるような年になるんじゃないかと思います。

Zugに集う企業が、地元の人達や行政などといい関係を築いてモデルケースになって欲しいですね!

日本でもこういう取り組みもっとやって欲しいウホー!

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m
※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
www.coindesk.com
www.handelszeitung.ch


スポンサーリンク

コメントを残す