マイニングの進化

マイニング機器の進化

最近、管理人自身もマイニング用のPCを導入したことで、自然とマイニングに関わる記事が多くなってきました。

今回はBitcoinの登場初期から現在まで、マイニングがどのような進化を遂げてきたのかを、誰にでもわかりやすくまとめてみたいと思います。

コチラの記事で解説していますが、マイニングとは仮想通貨の利用者が行った取引に、間違った点や不正が無いかをコンピューターの計算力を使って確認し、承認する作業です。

簡単に言えば、早く正確な計算の答えを導き出すことに成功すれば、報酬として新規発行されたBitcoinを受け取る事ができます。

マイニングをビジネスとして行う人にとって、コンピューターの計算能力は重要な意味を持つわけですね。

計算能力と同時に、機器を動かす電気代・設備代なども重要です。

Bitcoinの登場から、進化を続けるマイニング機器、その進化の過程を追ってみましょう!


①CPU

Bitcoin登場初期は、CPUマイニングが一般的でした。

私達が家庭や職場で使うような、いわゆる「そのへんにあるPC」ですね。

そもそも、Bitcoinの存在そのものが認知度を得ていない時代だったので、マイニング参入者も少なく、Bitcoinの価値そのものが低かった時代です。

現在では、CPUマイニングの性能は他の機器に比べてかなり低く、メジャーな仮想通貨の採掘で成果を出すことは難しそうです。

とはいえ、どこにでもあるPCという点は、ある意味で敷居の低いマイニング入門機だとも考えられます。

仮想通貨に触れる最初の一歩として、マイニングを知るキッカケとして、マイナーな仮想通貨をチョコチョコ掘るような使い方も、個人的には楽しめると思いますよ!

②GPU

PCでゲームをする人には説明不要かもしれませんが、いわゆるグラフィックボード(略してグラボ)と呼ばれるものです。

映像処理に特化して作成されたもので、最近のPCにはデフォルトである程度の性能を持つグラボが搭載されていたりしますね。

PCで動画をよく見る人には馴染みがあると思いますが、私達が日常的にPCを使う場面において、動画・映像を滑らかに表示するというのは、PCのスペックを大量に要求されている状態です。

もちろん、人それぞれのマシンの性能によりますが

『YouTubeで映画を再生したらカクカクだから他のアプリ閉じよう~(;^ω^)』

『うーん…少しカクカクするから新しいPCかグラボ欲しいなぁ( ˘•ω•˘ )』

なんて思う場面を経験した事のある人は少なくないかもしれません。

映像を滑らかに処理するには、大きな処理能力が必要であり、GPUはそれに特化しています。

そのGPUの処理能力がマイニングでも使える!という事実が広まると、多数の人が一気にマイニングに参加するキッカケにもなりました。

後述するASICには及びませんが、一般のPCが好きな人でも気軽に扱う事ができ、ある程度の成果も期待できるという点から、個人でのマイニング参入者に普及しています。

筆者もマイニング機器を導入したばかりの初心者ですが、GPUを利用しています。

熟練者になると、1つのCPUに対し4枚・8枚・12枚とグラフィックボードを接続し、最終決戦兵器のようなマシンを組んでいる人も見かけられますw

③FPGA

GPUマイニングが広がった後に、FPGAマイニングが生まれました。

私はFPGAに関して知識が無いので、Google先生で調べてみました。

※wikipediaより引用
FPGA(英: field-programmable gate array)は、製造後に購入者や設計者が構成を設定できる集積回路であり、広義にはPLD(プログラマブルロジックデバイス)の一種である。 現場でプログラム可能なゲートアレイであることから、このように呼ばれている。

ふむふむ…要するに、その機械がどんな仕事をするか、専門の技術者さんレベルで細かく設定できるPCだと思えばいいんでしょうか?

マイニング業界では、GPUマイニングの普及後に、『これからはFPGAだああぁぁ!』という風がふわっと吹きはしたものの…GPUに比べて一般的ではなかったこと、それほどGPUに比べてマイニング効率が上がらなかったこと、などの要因であまり普及しないまま現在に至っているようです。

④ASIC

※写真の引用元⇒https://www.bitmain.com/

マイニングに関して調べた時に、必ず目にとまる単語であるASIC。
現在、大規模なマイニングを行っている企業は、ほとんどがASICを使用していると言われています。

ASICとは⇒特定の目的の為に作られた集積回路です。

車に例えればF1カーです。助手席もトランクもいらないし、一般公道も走る必要がありません。
決まったコースで最高のタイムを出す為だけに車の全てが仕上げられています。

ASICはマイニングの為だけに特化して作られた集積回路であり、当然ながら別格の性能を持つ機器として、現状のマイニング界を席巻しています。

当サイトで紹介している大規模なマイニング施設では、こういったASICを何千台、何万台規模で導入し、マイニングを行っています。

企業・グループとして大規模にマイニングを行う組織が増加し、結果として個人の参入者がマイニングで大きな利益を生む事は困難になっている現状に繋がっています。

マイニングとの付き合い方

ここまで簡単にマイニング機器の進化をまとめてみました。

ウホー。。やっぱり個人はマイニングなんかやるだけ無駄ウホ?

そんなゴリさんにこの言葉を贈ります。

『パンが無ければ米を食べればいいじゃない!』

ウホッ!?グラボの発熱で脳みそが沸騰してるウホ!?

いやいや、そりゃBitcoinをマイニングしたら大規模なグループに太刀打ちできるワケありません。だから少しマイナーなコインを掘って、そのコインをBitcoinなりイーサリアムなどに両替すればいいって言いたいんです。

ウホー。。それやれば絶対儲かるウホ?

…仮想通貨に『絶対・必ず・100%』はありませんってば。


知識は剣にも盾にもなる

少し辛辣な言い方になりますけど、『絶対儲かるなら俺も仮想通貨やろう~』とか思ってる人は、仮想通貨に参入するのはやめた方がいいです。

必死に仮想通貨に関する儲け話を漁った挙句に、サギ業者の『絶対に儲かる仮想通貨ランキング!』とかに釣られて大損するだけです。

それで最終的に『仮想通貨は大損するよーダメだよー』なんて言い出すんですから。

実際に仮想通貨やマイニングに参入してる人からすると、「いや、それサギ師に毟られただけで、仮想通貨に投資すらしてないでしょww」とツッコミをもらう結果になりますよ。

騙されるの怖いウホー。。。

そうですよね。そういう稚拙なサギに釣られない為にも、知識は大きな武器になります。

仮想通貨の仕組み・マイニングの仕組み・時事の情報などなど。

それらの知識を、なんとなくでも理解していれば、悪質業者から身を守ることに繋がります。

極端な話、最初はマイニングで利益が出なくてトントンでもいいんですよ。
仮想通貨の重要な仕組みに関わることは、知識を得る手助けにもなりますから。

なるほどー。管理人は専用PCを作ってニヤニヤ眺めている変態だと思っていたけど説得力あるウホー

いや…だってグラボ複数枚挿してマイニングするとか…男のロマンを感じませんか?

グラボ8枚挿しの熟練者とかのブログを見るとワクワクしますもの。
戦艦のプラモデルに主砲を追加しているようなもんじゃないですか?

その例えには1ミリも同意できないウホ!

スポンサーリンク

コメントを残す