ベネズエラ・働くよりゲームしてる方が儲かる

ゲーム内のお金からビットコインを得る

複数の報道によると、国内の経済情勢に苦しんでいるベネズエラの市民は、ゲーム内のアイテムを収集して販売し、その対価としてビットコインを得るために大規模な*MMORPGをプレイしています。

最近、RunescapeというMMORPGにベネズエラ人の「*ゴールド・ファーミング」に関する報告が多数ありました。

プレイヤーが、ビットコインを得るためにゲーム内の宝物を売って現実生活の生計を立てている事が説明されています。

スポンサーリンク

用語解説

※MMORPGとは⇒Massively Multiplayer Online Role-Playing Game
簡単に言うと『たくさんの人と同じフィールドでRPGをするゲーム』です。
ドラクエ・FFのような世界観のゲームを複数人で同時プレイすると考えてもらえればイメージしやすいかと思います。

※ゴールド・ファーミングとは⇒日本で馴染みのある言葉にするなら[RMT](リアルマネートレード)と言えると思います。

MMOの舞台では多数の人間が同じフィールドでゲームを遊んでいます。
誰もが欲しがる強い武器を手に入れた場合などは、それを欲しがっている人に現実社会のお金で取引をする事です。
「ロトの剣一本5万円だよ~」という形です。
その他、ゲーム内のお金を現金で取引する事も含まれます。


ゴールド・ファーミングは、オンラインゲームが世界中で人気を博して以来、常に議論の余地がある分野とみなされてきました。
その最初のビジネスモデルは中国からと言われ、プレイヤーはゲーム内の通貨やアイテムを獲得し、それを「リアルマネー」で販売します。
2009年には100万人以上のゴールド・ファーミングを目的としたプレイヤーが中国を拠点にしていたと推定されましたが、今では世界中に広がっています。

ベネズエラでは専門職よりもゴールド・ファーミングが儲かる?

RunescapeをRMT目的でプレイしているベネズエラ人は、50万GG[ゲームゴールド]を集める為に、効率的にグリーンドラゴンというモンスターを倒すことを目指しています。

ドラゴンを倒して得られる報酬は、リアルマネーに換算して0.5ドル相当です。
ほとんどの農業選手(ゴールド・ファームを目的とする人)は1時間に0.5ドル以上を生産しています。

限られたトッププレイヤーは1時間あたり2~3ドルを生産すると言われ、大学の学位を持つ専門家よりも多い収入を得ている。

ウハー、働くよりゲームしてた方が儲かるウホ?

国の経済が破綻している状態なので、私達の普段の生活からは考えられないような状況みたいですね。
食料を買う為に夜明け前から行列したり、パンを数個買えば現地の平均的な月収が吹っ飛ぶとか…混乱した状況が続いてるようです。

なによりRMTによって現地の通貨よりも外貨を得られるのが大きいみたいです。

そっかー、現地のお金に価値がない状態ウホね…


ゴールド・ファーミングは悪い事?

MMORPGのゴールド・ファーミングは、Runescapeに限らず、他のMMORPGのルールに反します。
しかし、法的な意味での取り締まりは難しくゴールド・ファーミングを目的とした多くのWebサイトが存在しています。
Runescapeを運営するゲーム会社Jagexは、この問題について現段階でコメント発表などは行っていないという。

ゲーム会社も大変ウホねー、まとめて訴えたりしないウホ?

いわゆるMMORPG業界においてゴールド・ファーミングは、ゲーム会社が規約で禁止している状態であって、法律に触れるかどうかはグレーなんですよ。
アイテムを売る→現金を得る事が不当だとしてしまうとゲーム内のアイテムや通貨に[現実社会での資産的な価値がある]と運営会社が認めてしまう事になってしまいます。

それってなんか問題あるウホ?

MMORPGをプレイした経験がある人はわかると思うんですが、運営会社って意外とやらかすんですよ。

特定のアイテムがある日突然消えたり、特定の方法で大量生産出来たりとかバグ的な事を。
伝説になるような事件だと、定期メンテナンス⇒全プレイヤーデータ消失復旧できずにサービス終了とかもありました。

面白いまとめありました。時間がある人はどうぞm(__)m

え!?課金しまくってたプレイヤーとかは激おこじゃないウホ?

そうでしょうけど、ゲームを終了するのは運営側の自由なわけで…課金で得たアイテムだって現実社会での資産価値は無いのが当たり前ですから。
大きな運営側のミスが起こった場合、その対応としてアイテムを消したり、バグが起因して得たと思われるゲーム通貨を減らしたりして対応するんですが、ゲーム内通貨の資産価値を認めてしまうと、何か運営にミスがあった場合に、今度はプレイヤーから訴えられてしまうわけです。

なるほど~ デリケートな問題ウホね~

少なくても、現金の受け渡しはゲーム外で行われているわけで、ゲーム内で行われる行為は、プレイヤー同士がアイテムやお金を交換する行為ですから、それを運営会社がどうこうするのは難しいはずです。

運営『お前ファーミング業者にアイテム売っただろ!』
PLAY『いや仲の良い友達にプレゼントしただけですが?』
運営『いくらなんでもこの取引量はおかしい!』
PLAY『僕が現金をもらったとして、それがアイテムの対価だと証明できる?』
運営『ぐぬぬ…』

こんな形で対応できないのが大半じゃないですかね。
そもそも、世界規模で展開するMMORPGでは、ゲーム内通貨をRMTした時の価値が自分の国の物価と比較して「いい稼ぎになる」国の人は大々的に稼ぎにきますからね。

ゴリがやってたゲームでも、日本のゲームなのに中国系の*BOTがプレイヤーより多かったウホ…

※BOT⇒キャラを自動で操作するプログラム

MMORPGとRMTの関係は、Runescapeに限らず昔からある話ではあるんですが、今回は換金先としてビットコインも使われている…という記事でした。
MMORPGってオタク的なイメージがあるかもしれませんけど、人間関係や経済を仮想社会で学ぶにはいい環境かもしれませんよ!

ゴリも久しぶりにMMORPGやりたいから、オススメあったらコメントで教えてくれウホ!

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m
※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
news.bitcoin.com


スポンサーリンク

ベネズエラ・働くよりゲームしてる方が儲かる” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す