ベトナム・ビットコインに関する法整備が加速

ベトナムでビットコインに関する法整備が加速

ベトナムニュースによると、政府はBitcoinや他の仮想通貨に関する規制枠組みの準備を急いでいると報じた。

ベトナム首相のグエン・スアン・フック氏は、Bitcoinなどの仮想通貨に関する法的な枠組みを精査し、合理化する為の計画を承認しました。

このニュース記事では2018年8月までに、仮想通貨に関する法的枠組みなどを精査し、適切な改定をまとめなければならないとされている。

さらに関係各省庁は、2019年6月までに仮想通貨に関する不正行為の予防と対処の提案が行わなければいけないと記している。

これはどういうニュースウホ?

要するに税金逃れやマネーロンダリング、反社会勢力への資金提供などに仮想通貨が使われないように、法規制を準備しているという報道みたいですね。

まとめる提案するとかビミョーな表現になってるのはなんでウホ?

それは管理人の語学力の限界によるものです。

翻訳ボタンをポチるだけだと、大抵は意味不明の文章になってしまうので、原文から単語ごとの意味を調べたりするんですが…ベトナム語はまったく未知の領域なので、単語の持つ強弱がわからないんですよ( ˘•ω•˘ )

おそらく、上記の日付を期限として、法案を締結するという意味合いだと思いますが、翻訳に自信がないのに言い切ると良くないじゃないですかw

それはともかくとして、具体的に期限を出して準備するのはどういった狙いがあるんでしょうね?

ウホ?期限ハッキリしてる方がわかりやすくていいんじゃないウホ?

ん…それはそうですけど、具体的に〇月〇〇日から規制が入るって事前にわかっていたら、仮想通貨を大量に所持している人なんかは、事前に色々と対応できそうな気がするんですけどねぇ。


法規制は何のために?

これらの計画は、国内外の投資家の権利と利益を保護し、不正行為から守る為に法律を整備するという目的のようです。

財産権を守り、ベトナムの法規制の中で、仮想通貨の取引が公平で平等に行われる事に役立つと報じられています。

良いことばっかりだウホ!

まぁ…報道で表に出てくることは耳ざわりのイイ話ばかりになるのは当たり前ですよね。

税金の徴収の為に取引を把握する目的だったり、取引所を政府公認にして合法的に手数料が入るような形になったりするかもしれませんね。

ウホ!税金は怖いウホー。。。

仮想通貨の市場が大きくなれば、政府が法規制に動くのは当たり前の流れですし、公的な認可を受けた取引所ならば使う側としては安心感にも繋がるので、悪い事ばかりじゃありませんよね!
ベトナムがどういった形で仮想通貨との付き合い方を定めるのか、続報を期待ですね!

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m※参照元⇒この記事はコチラのニュースを参考に執筆しました。


スポンサーリンク

コメントを残す