プルーフ・オブ・ワーク(PoW)ってなに?

プルーフ・オブ・ワーク(PoW)ってなに?

以前の記事で、ブロックチェーンの仕組みとマイニングの関係を説明させていただきました。

今回の記事ではプルーフ・オブ・ワーク(PoW)について、簡単に解説していきます。

技術的な側面からではなく、プルーフ・オブ・ワーク(PoW)のシステムが仮想通貨にどんな役割を担っているか、その概要を掴んでもらえるように、できるだけわかりやすくまとめてみます。

スポンサーリンク

プルーフ・オブ・ワークは何をするの?

プルーフ・オブ・ワーク(PoW)=proof of work

日本語に直訳するとすれば仕事証明でしょうか。

どんな仕事をして、何を証明するのか、それは仮想通貨の取引を《承認する》部分です。

プルーフ・オブ・ワークの[仕事]とは?

ブロックチェーンの記事で解説しましたが、ビットコインの取引情報にあたる部分を[ブロック]と言います。

そのブロックに、間違いや不正がないかを確認し承認する事が仕事です。

さらに、ビットコインは通貨の新規発行もシステム上で行います。

不正の防止・取引の証明・通貨発行

これらがプルーフ・オブ・ワークの[仕事]にあたる部分です。

仮想通貨に興味があって、色々と情報を調べている人は、ここまでの説明で気づいたと思いますが、プルーフ・オブ・ワークの[仕事の部分]はマイニングと非常に似ています。

簡単にまとめればプルーフ・オブ・ワークの仕事=マイニングだと言えますね。

プルーフ・オブ・ワークの[証明]とは?

前述のマイニングでは、不正の防止・取引の証明・通貨発行などの仕事を行うと解説しました。

ビットコインでは、数多くのマイナー(マイニングをする人)が、同じ仕事を行います。

正しい計算結果を、誰よりも早く出す為にマイニングで競争をする形です。

この競争に一番で勝利したマイナーが報酬を得る事ができます。

大多数のマイナーが同じ仕事を行う⇒勝利者に報酬

このシステムが、ビットコインを安全に稼働させているんですね。

このマイニングという仕事には[計算]が使われています。

つまり仕事=計算であり、ビットコインでは計算の量が増えれば、より沢山の仕事を行う事ができるルールになっています。

仕事量=計算量⇒『僕が一番計算したよ!!《証明》』⇒報酬GET

マイニングという仕事を行い、その計算量を証明する事が報酬に繋がります。

この仕組み全体をプルーフ・オブ・ワーク(PoW)と呼ぶのです。

プルーフ・オブ・ワークはセキュリティの根幹を支えている

マイナーによる膨大な計算量で、セキュリティの根幹が支えられています。

もし悪意ある攻撃者がビットコインの偽造を試みた場合、ブロックチェーンで繋がれた過去の取引データ全てを再計算しなければいけません。

大多数の善良な利用者が担う、膨大な計算量に追いつく事は非常に困難です。

このプルーフ・オブ・ワーク(PoW)の仕組みそのものが、ビットコインの安全を守る堅固なセキュリティとして機能しているんですね。


スポンサーリンク

コメントを残す