ブロックチェーンを使った保険商品

AXAがブロックチェーン技術を使った保険商品を発表

フランスの保険大手アクサ(AXA)は、イーサリアムのブロックチェーン技術を使用して、支払いや処理を行う新しい飛行遅延保険商品を発表した。

Fizzyと銘打たれたこの保険商品は、飛行機が2時間以上遅延した時に、審査なしで即座に保険支払いが完了される「スマートな保険」として発表されています。

AXAによると、イーサリアムの公開ブロックチェーンは2つの重要な役割を果たしているという。

イーサリアムの特徴であるスマートコントラクト内での、保険契約記録のアクセスと維持、そして2時間の規定された時間が超過すると、クライアントへの支払いを開始する仕組みです。

保険補償に必要な条件が満たされた時に、自己実行型で支払いが行われます。

ウホー保険にブロックチェーン技術が使われるウホ?

そうみたいです。イーサリアムのブロックチェーン技術を使って、今までよりもスムーズに支払いまでの処理を行うと同時に、顧客が保険の記録そのものにアクセスし、その妥当性や処理の過程を把握できるという仕組みのようですね。

保険って、素人にはわからないように処理されて支払いされるイメージあるからFizzyいいウホね!

車の保険にしても医療保険にしても、現状だと保険会社の言う事を信じるしかないような状況が大半ですし、これは広く受け入れられそうな気がしますね。


AXA代表の言葉

AXAの代表Jean-Baptiste Mounierの説明から抜粋

AXAはFizzyを[保険プロセスの透明性を高める手段として]位置づけています。

今のところ、Fizzyからの保険支払いは政府発行の通貨で行われています。
しかし、AXAは将来的にイーサリアムネットワークの通貨であるETHでの支払いを実装したい。

「将来的には、補償が確実に行われ、保険への信頼を完全に保証する為に、支払いをETHに含める必要があります(保険会社は利用者を欺く事ができません)」と、Mounier氏は説明した。

もう代表がズバリで透明性をアピールしてるウホね!

保険会社に対して消費者が感じる不安をしっかり把握しているのが感じられますね。

参考までにFizzyの紹介ページを見てきたんですが、なかなかエスプリの効いた紹介がされてました。
エスプリ→知性・機知、フランス精神。この場合はフランスらしい気の利いた言い回し。

Fizzyのメリット

雪、バードストライク、エイリアンからの攻撃など、遅延の原因がなんであれ、あなたをカバーします。

ウッハw日本だったらクレーム入りそうなアピールウホw

その辺は国民性もあるのかもしれませんが、好感の持てる表現ですよね。

保険会社ってどうしても殿様商売的なイメージがありますし、消費者が商品の中身や処理状況をしっかり把握できるのは双方にとってメリットになりそうですね!

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m
※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。


スポンサーリンク

コメントを残す