ブロックチェーンってなに?

ブロックチェーンってなに?

ビットコインや仮想通貨に関して調べると、必ず目にする単語が[ブロックチェーン]です。

ビットコインの核となる技術で、その他の仮想通貨にも使われており、異なる分野での利用についても開発が進められています。

ここでは初心者の方を対象に、わかりやすくブロックチェーンについてまとめています。

スポンサーリンク

ブロックチェーンってどんな技術?

簡単な言葉で表すと記録する技術です。

お金にまつわる取引は、大昔から色々な形で記録されてきました。

昔は帳簿にペンで、近年では金融機関などの大きなサーバーに。

お金の取引は常にどこかで行われており、そのデータ量は膨大です、安全に管理・保管するには大きなコストがかかります。

ブロックチェーン技術の革新的なところは、記録の管理・保管に帳簿やサーバーを必要としない点です。

インターネットを介して、同じ記録(データ)を複数の端末で分散して保管します。

これは[分散型台帳]とも言われていて、たくさんの利用者がデータを共有します。

既存の取引履歴の記録に比べて、どんなメリットがあるのか見ていきましょう。

ブロックチェーンのメリット

多数の利用者がデータを共有するという事は、様々なメリットを生みます。

誰かが不正な改ざんを行ったとしても、他の大多数の利用者が、すぐ発見する事ができます。

また、中央集権で管理するサーバーが存在しない為、システム全体の大規模な障害が起こる可能性が低くなります。

例えば、1つの地域に大きなサーバー1つで管理した場合は、天災等でサーバー施設に被害が及べば大規模な障害が発生しますよね?

ブロックチェーンの場合は、世界中に分散して管理されているので、どこかの地域が天災の被害を受けても、その他の利用者がシステムを支える事ができます。

ブロックチェーンは、既存の記録方法に比べて、不正な改ざんに関する管理・サーバーの維持管理にかかるコストを削減する事ができます。

こういった点から、ブロックチェーンは、革新技術の到来とも言われて注目を集めています。


なぜブロックチェーンって言われてるの?

記録して保管する《電子データの形》が、ブロック[塊]をチェーン[鎖]で繋いでいるような形になっている事が由来です。

一定期間内の取引を1つの塊としてまとめ、これをブロックとします。

そして、まとまったブロックを、時系列を証明するチェーンで繋いでいく事で機能します。

身近なもので言えば、マンガ本のようなイメージがいいかもしれません。

ブロックが1つのページです。

ページをバラバラに繋いで本にまとめても、意味がわかりませんよね?

時系列(物語の進行)に沿った順番でページを繋いで、はじめてマンガとして読む事ができます。

ブロックチェーンとマイニングの関係

ブロックチェーンに、新しいブロックを追加する時には、そのブロック内の電子データが正しい物なのかどうか確認する必要があります。

整合性を確認し「承認」するためには膨大な計算を行います。

以前こちらの記事で、マイニングとはPCの計算能力を提供する事だと説明しました。

この「承認作業」に計算能力を提供する事が[マイニング]なんですね。

この承認作業によって不正が行われていない事を証明することが[仕事の証明⇒proof of work]と言われています。

その作業に協力し、成功させた人にビットコインが報酬として新規発行されるのです。

膨大な計算への協力という仕事に対して、ビットコインの新規発行という報酬があることで、ビットコインのシステムが維持されているんですね。

ブロックチェーンには様々な種類がある

ひとくちにブロックチェーンとは言っても、様々なバリエーションが考えられます。

ビットコインで使われているブロックチェーンの技術は、中央管理者が存在せず、自由参加型でオープンなネットワークで構成されています。

これとは逆に、管理者を限定したプライベートな環境で使われるブロックチェーンも存在しています。

ブロックチェーンの技術は、登場から日も浅く、大きな可能性を秘めた技術です。

仮想通貨、金融サービスだけに限らず、今後は様々な分野に応用され広がっていくでしょう。


スポンサーリンク

ブロックチェーンってなに?” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す