フランス・仮想通貨の税率を45%から19%に引き下げ

フランス・仮想通貨への税率を引き下げ

フランスの新聞社〔le monde〕のWEBサイト報道によると、フランス国務院は、仮想通貨の*キャピタルゲイン分類を変更することで、税率を45%から19%の定率に引き下げることを決定した。

※キャピタルゲイン⇒売買差益

フランスの政策

フランス国務院が発表した税制改革は、仮想通貨の利益を「移動可能な財産」とみなすことで、既存の税率から大幅に低下することになります。

この数字に、ほとんどの所得に対して課される*一般社会貢献(CSG)が追加されれば税率は35%付近まで上昇する場合もあるが、それでも以前の税率と比べれば大幅な引き下げになる。

※一般社会貢献(CSG)⇒フランスに居住する人が支払う所得税的なもの。ほとんどの所得に対する源泉徴収税であり、所得の種類と収益の状況によって異なる。
(参考元⇒insee.fr)

新しい規則には例外もあり、仮想通貨のマイニングによって生み出される利益は非商業的利益に分類されて課税されると説明されている。


ホッホー とりあえず現状よりはガクッと税率が安くなるウホね?

先にことわっておきますが、今回の記事については参考程度でお願いします。
色々なところを参考にしたんですが、管理人が正しく理解できているという自信がないので。
とはいえ、トレードに関する税率が引き下げられるのは間違いないようです。

ってか、トレードの利益から思いっきり税金持っていかれるのたまらんウホね…

トレード最大のライバルは税金とも言えますもんね。
損しないように全力を尽くして、利益が出れば今度は税金を心配しなければいけないわけですし。

日本はもうちょっとなんとかしてほしいと思うウホー

それは誰もが思っていますよね。
発展途上の段階なので難しい部分もあるでしょうけど、仮想通貨の実需を広げる意味でも検討してほしいところです。

俺たちの太郎!マジで頼むウホよ!

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m ※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
lemonde.fr
financemagnates.com


スポンサーリンク

コメントを残す