フランス・ドイツ、G20サミットでの仮想通貨に関する議論を呼びかける

G20サミットでの議論を要望

ドイツとフランスの金融当局は、他国の財務担当官に対し、仮想通貨の規制上の影響をG20サミットで議論するよう促す文書を発出した。

文書の内容は?

この文書では、Cryptocurrency(仮想通貨)を実施するための国境を越えた規制アプローチが必要であることを強調し、G20サミットでの仮想通貨政策と施行に関する問題について各国の財務関係者に議論を行うよう要請している。

cryptocurrenciesが急速に進化しつつあるツールであり、新しい機会をもたらす可能性は認めつつも、適切な措置を取った上で運用しなければ、投資家へのリスクをもたらし、金融犯罪に対して脆弱になる可能性がある。と述べられている。

悪意ある人間が、犯罪行為を目的として「トークン」と「バーチャル通貨」を使用することを防ぐには、国際的な協調と努力が必要であり、各国の当局者は、Cryptocurrencyの「国境を越えた影響」を認識し、適切な「国際調和措置」を採択できると述べた。

ホッホー 要は仮想通貨を悪用しようとするヤツらは、各国協力してフルボッコしようって話ウホね!

国境を越えて簡単に送金できる仮想通貨のメリットは、犯罪者にとってもメリットになりますもんね。
匿名性との兼ね合いは難しいところですが、こういう事が議論の対象になることそのものが、仮想通貨が広く普及してきた実感がありますね!


投資家への情報・知識

文書では、仮想通貨に関する広い意味での〔知識不足〕への懸念を表明し、揮発性の高いトークンや、大きな価格変動リスクにさらされている資産が、メディアやインターネット上で「通貨」として誤って表示されていると主張している。

リスクを理解していない投資家にとって、損害をもたらす可能性があり、彼らにより良い情報を提供する必要があります。

あ~これはその通りウホね

これって非常に難しいトコなんですよねぇ。「トークン」と「仮想通貨」って、どこでラインを引くべきなのか管理人自身も正解がわかりません。

う~ん…そう言われると、海外とか有名な仮想通貨もトークンって表記してたりするウホね

もっと言えば…日本で使われている〔仮想通貨〕という呼称にもずっと違和感があります。

まぁ〔通貨〕という表現もちょっと本質とズレている気がしますけど…だからと言ってサイト上で「決済手段のBTCの価格が~」なんてわかりづらくなるだけですしw

たしかにウホw

その辺は今後もっと仮想通貨が普及していけば、自然とカチッとした言葉や表現が定着するのかもしれませんね。
そういう意味でも、有名な報道機関などには誤解を生まないような表現をしてほしいと思います。

ゴリが見ても『こいつら仮想通貨知らんやろ…』ってニュースとかマジ勘弁ウホォォォ!

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m ※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
news.bitcoin.com
telegraph.co.uk


スポンサーリンク

コメントを残す