フィリピン中央銀行は、2か所のBitcoin取引所の登録を承認

フィリピン中央銀行が2か所のビットコイン取引所を承認

現地メディアによるとフィリピン中央銀行は、仮想通貨業界に関する規制と、取り組みの一環としてBitcoin取引所を運営する2社の登録を承認した。

「彼らは地元に根差していると同時に、国際的なルーツを持っています」と、フィリピン中央銀行知事Espenilla氏は語っています。

フィリピン中央銀行は、今年初頭に仮想通貨取引に関するガイドラインを定めています。

フィリピンが、マネーロンダリングやテロ資金調達活動の拠点として利用されないこと、金融システムや金融消費者がしっかりと保護されている事を明確に保証すること、金融イノベーションを促進する環境を提供する事が、中央銀行の政策である。

仮想通貨のシステムが、国内および国際環境での、迅速な経済活動を提供する能力を持っている点を考慮し、特に支払い・送金の為の金融サービスの提供に革命をもたらす可能性を含んでいると認識している。


規制=「悪」ではない

フィリピンの仮想通貨取引は、2001年のマネーロンダリング防止法の元で行われ、Bitcoinの取引は、実際の現金の送金・為替業務と同様のガイドラインの下で行われている。

Espenilla氏は、フィリピンにおけるBitcoinの取引金額は1年間で約3倍になったと述べ、Bitcoinの取引を「規制の枠組みの下で」行う事の重要性を強調しました。


これってどういうニュースなんだウホ?

要するにフィリピンでBitcoin取引所を運営するには、フィリピン中央銀行の承認が必要で、取引所2社が新たに登録されたという内容っぽいですね。

世界で通用するBitcoinに国が規制するってどうなんだウホ?

うーん…その意見もわかりますが、個人的には国が仮想通貨という概念をしっかり把握して規制していくのは、仮想通貨が世界で浸透していく上で必要不可欠じゃないかと思います。

規制される方が好きって…おまえドMウホ??

いやw私の性癖がドMかどうかはともかく、決済システムとして世界で通用すると認知されたからこそ、悪者がBitcoinを抜け道として使わないように規制するというのは自然な流れだと思いますよ。

ゴリさんだって、仏像を盗んだり神社に放火したりするような犯罪者が、仮想通貨のシステムを使って簡単に資金を受け取って活動資金にされたりしたら許せないでしょ?

もちろんウホ!そんなヤツが簡単に資金を受け取ったりしたらダメウホ!

ですよね。つまり…仮想通貨の利便性・発展性を国がしっかりと認知して、悪い奴らの《お金の抜け道》にならないようにしていくことは、仮想通貨を取り巻く環境の自然な進化だと、私は感じているのです。

ウホー…管理人はドMのくせにカッコよくまとめてて、なんか納得いかないウホー

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m
※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。


スポンサーリンク

コメントを残す