ビットコイン分裂に間に合うか。ロシア国民の興味と関心

Googleは今年の上半期に、ロシアの暗号検索に関連する検索クエリを分析し、ビットコイン、マイニング等の検索ワードがすべて大幅に増加している内容を明らかにした。

Googleの分析

Googleが明らかにした内容は、2017年上半期である1月から6月にかけて、急速に上昇しているとのこと。これはロシアの国民が暗号通貨に大きく興味関心を持っているということが分かります。

中でも最も高い成長率がEthereum関連によるもので、検索クエリが760%を超えて増加していることを明らかにしました。Bitcoin関連の検索は220%を越えています。

さらにマイニング情報をより頻繁に検索し、マイニング関連の検索の合計数が560%増加しました。


ロシアとマイニング

当ブログの記事でも紹介している通り、ロシアでは仮想通貨のマイニング計画及び仮想通貨利用についての規制問題、法整備で激しく揺れている。

以下は管理人個人的な意見ではありますが

マイニングシェアのほとんどを中国が独占している今の状況よりも、他国(ここではロシア)等にシェアが分散されていた方が11月に予定しているビットコイン分裂時に、混乱が減ると思うのです。

中国
ブロックチェーンは中国発祥の技術アル。我々に従うアル。

な~んて言いかねないですからね。※あくまで個人のイメージです

※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。


スポンサーリンク

ビットコイン分裂に間に合うか。ロシア国民の興味と関心” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す