ビットコイン(仮想通貨)ウォレットってなんだろう?

ウォレットってなんだろう?

ビットコインに代表される仮想通貨は、日本円のように紙幣や硬貨が存在しません。

電子データである仮想通貨でも保管するにはウォレット=[お財布]が必要です。

ひとくちに[お財布]とは言っても、たくさんの種類が存在します。

取引や送金に特化したもの、または保管や持ち運びに特化したものなど様々です。

ここではウォレットの基礎知識をまとめています。

スポンサーリンク

ウォレットってなにするの?

ウォレット=お財布とは言っても、紙幣や硬貨の存在しない仮想通貨のお財布ってイメージが湧きませんよね。

私達が日本円のお札や硬貨を保管したり持ち歩いたりする時には[お財布]に入れます。

仮想通貨はお札や硬貨が存在しませんが、保管や利用する時に[お財布]が必要です。

仮想通貨は電子データなので、PC・スマホ・USB・オンライン・その他たくさんのウォレットの種類が存在します。

種類ごとの違いを知り、賢く使い分けて安全で便利に仮想通貨を使いたいですね!

ウォレットの種類

ザックリ大きく分けると、[ホットウォレット]と[コールドウォレット]に区別する事ができます。

それぞれどんな特徴があるのか見ていきましょう。

ホットウォレット

ホット=インターネット上に接続して利用するウォレットです。

オンライン型のウォレットとも言えます。

実質的にはウォレットを運営する管理者、企業に預ける形になる為、自分自身のアカウントをしっかり守る意識が必要です。
パスワードを複雑なものにしたり、利用時に二段階認証をしたり、イメージとしては銀行口座のオンライン利用に似ていますね。

メリットとしては持ち運びが容易で、送金や取引などの操作を簡単に行う事ができます。

コールドウォレット

コールド=インターネットに接続していないウォレットです。

オフライン型のウォレットとも言えます。

代表的なものでは、USBメモリのような形の専用端末、または紙にアドレスを印刷して保管するペーパーウォレットなどです。
オフラインなのでサイバー攻撃などの心配がなく、保管する事に適しています。

その一方で、持ち運びは若干不便ですし、物理的な不安もあります。保管した端末やペーパーを紛失してしまったり、盗難の被害にあったり…。
現金の扱いと同様に、しっかりした管理が必要です。

取引所とウォレットの違い

一般的に仮想通貨の取引には、保管場所になるウォレットと、売買を行う為の取引所が、それぞれ必要だと言われています。

大きな意味ではその通りで、多くの仮想通貨に関連するサイトもそういった解説をしています。

しかし、初心者目線で考えた場合、取引所はホットウォレットと同様だという事ができます。

自分のアカウントで取引用の仮想通貨を保管するわけですから。

オンライン上で売買する取引所だから危ないという印象を感じてしまう事もあるかもしれませんが、実は国内大手の取引所は、その時に流動する量の通貨以外は[コールドウォレット]の状態で保管しています。

利用するお客さんの大事な資産ですから、当然と言えば当然ですね。

仮想通貨への参入に興味を持って調べ始めると、ウォレットの開設と取引所の開設に関してゴチャゴチャした印象を受けて混乱してしまうと思います。

ここでは初心者用という事で、あえて極端な物言いをします。

国内大手の取引所への利用登録=ウォレットの所持です。

まずは取引所のアカウントをしっかり管理するところから、仮想通貨の保管に関する知識を深めていきましょう。

初心者は何を選べばいいの?

筆者の主観ですが、最初は日本企業が運営する有名な取引所を使う事から始めましょう。

最初は簡単に仮想通貨に触れる事から始めて、取り扱う金額が大きくなってきたら保管に適したウォレットを検討すればいいと思います。

1000円2000円の取引で試しに仮想通貨を始める人が、1万円以上する保管用の端末を購入したりするのはバランスが悪いですよね(;^ω^)

それと同様に、現状では少額の取引をするだけなのに、毎回のように取引所から残高を引き出してペーパーで保管して…などは手間もかかってしまいます。

このカテゴリはあくまでも初心者用なので…

最初はできるだけ簡単に仮想通貨を扱うところから始めましょう!


スポンサーリンク

コメントを残す