ビットコイン(仮想通貨)って何?

ビットコイン画像

仮想通貨って何?

最近ではビットコインに代表される仮想通貨も認知度を得てきました。
ビットコインという単語はよく聞くようになったけど…

「具体的にどんなモノなんだろう?」
「なんか胡散臭いよね」
「投資する人が使うやつでしょ?自分には関係ないや~」

なんてイメージで捉えている人が、日本ではまだまだ多い印象です。

近年のニュース番組等で放映される、ビットコイン関連の情報だけを頼りに理解しようとすると「ビットコイン=胡散臭くて失敗すると大損するもの」といった理解のまま止まっている人も多いのではないでしょうか。

ここではできるだけ単純にわかりやすく、専門的な用語を使わずに仮想通貨を解説してみます。

仮想通貨を定義してみる

ザックリと仮想通貨を定義すると

ネット上で利用される、実物の紙幣が存在しない通貨です。

みなさんが普段の生活で使う「お金」にはお札や小銭が存在しますよね。
一方、ビットコインには実物としてのお札や小銭が存在しません。
購入した、または手に入れたビットコインを貯めておく「お財布」もWEB上、もしくはPCの中です。

身近なものから簡単にイメージするとすれば…「Suicaにポイントをチャージした状態」でしょうか。

日本では電車に乗るのはもちろん、コンビニでもSuicaを使って簡単に支払いができます。
それをもっともっと広範囲に広げたものだと考えてみるといいと思います。

全世界でSuicaのポイントで買い物ができたら便利ですよね?
最初は[いわゆる電子マネーみたいなもの]だと認識してしまってもいいと思います。

仮想通貨を所有する=WEB上に仮想通貨の残高を所有する という状態です。

電子マネーと決定的に違う部分は、お金に換算した時の価値が変動するという部分です。

仮想通貨は[通貨]なので、円やドルと同じように価値が変動するわけですね。
よくみかける1ドル=〇〇円などと表記されますよね。
1ビットコイン=〇〇円という価値が日々刻々と変動すると。


どうして仮想通貨に「お金」としての価値があるの?

みなさんがお財布の中に入れている1万円札や100円玉は
日本国が、福沢諭吉の肖像が描かれた紙に1万円分の価値があると保証しています。

Suicaやウェブマネーなどの電子マネーは
運営者が、Suica内の1ポイント=日本円で1円の価値があることを保証しています。

それじゃ仮想通貨は?

仮想通貨の「お金」としての価値は[その仮想通貨を利用する人みんなが価値を決めています]

ビットコインを例に挙げると、ビットコインには運営者となる国や企業は存在しません。

「ほら!!運営者がいない通貨なんて危なくて使えないよ!( ´゚д゚`)」
「運営者がいなかったら、ある日急に価値が無くなるかもしれないでしょ!?( ˘•ω•˘ )」

こんな疑問が浮かびますよね。ちょっと考えてみましょう。

私達のように日本で生活していると、意識する機会は少ないかもしれませんが、世界中では自国の通貨を信頼できない国が多数存在します。

ギリシャやキプロスなどはニュースでも大々的に取り上げられ、記憶に新しい人もいるのではないでしょうか。
銀行が預金の引き出しを制限したり、海外への送金を制限したり…。
万が一、私たちの生活する日本で同じ状況が起こったらパニックですよね?

そういった世界各国の金融危機で、一気に知名度を得たのがビットコインに代表される仮想通貨です。
簡単に言えば、「いつ紙クズになるかわからない自国の通貨を札束で持つよりも、世界中で取引されているビットコインを資産として所持する方が安全やん」と考える人が多数いたと。

そういった人達が仮想通貨を利用する⇒需要が増える という形です。
たくさんの人が利用する仮想通貨だから、それに価値が生まれるわけですね。

仮想通貨を正しく知ろう

この記事を読んでくれているみなさんは、

・仮想通貨での投資を考えている。
・仮想通貨が無料で手に入る仕組みがあるらしい。
・仮想通貨って最近よく聞くけど…ぶっちゃけ儲かるの?
・いろんなサイト見たけど、なんか開設しろとか、登録しろとかばっかりやん!ここもか!?

などなど、様々なキッカケからページを閲覧してくれていると思います。

仮想通貨は、その仕組み上、どうしても専門用語が多くなりがちです。
全てを完全に理解する必要はありませんが、投資をするにしても、手に入れる為に手間をかけるにしても、どんなものなのか理解し、納得した上で選択できるのがベストですよね。

そういった観点から、出来る限り単純にわかりやすく解説させていただきました。


スポンサーリンク

コメントを残す