ビットコインゴールド・公式サイトリンクのウォレットが詐欺

公式サイトからリンクのウォレットが詐欺

先週、ビットコインゴールド[BTG]の公式ウェブサイト上で紹介されていたBTGウォレット「mybtgwallet」が、利用者のビットコインを盗み出す《詐欺ウォレット》だった事が判明しました。

BTG開発チームは該当のウォレットを既に削除しましたが、相当数の利用者が被害を受け、現時点で判明している被害額は330万ドル(約3億5千万円)ほどと推測されている。

公式サイトに詐欺ウォレット??

今回の事件は、ビットコインゴールド公式サイト上にリンクが表示されていた「mybtgwallet」というウォレットが、利用者に対し「無料でコインが付与される」などと促し、利用者の秘密鍵を入力させて盗み出す手口だ。

ごく一般的な利用者は、ビットコインゴールドの公式サイトを閲覧し、そこに貼られたリンクから入手するウォレットが「詐欺」だと気がつく事はできなかったでしょう。

これはBTG開発チームの姿勢、ユーザーとの信頼関係にも大きな疑問を投げかける結果に繋がった。

ウホー 公式サイトでBTG対応ウォレットだよ!って貼ってあるリンクから入手したら詐欺だったウホ?

どうやらそういう話みたいです。BTG公式サイトも見に行ってきましたが、既に問題のウォレットは削除されていました。
BTG対応の取引所、マイニング施設などの紹介と一緒に[ウォレット]の項目に並んでいたと思われます。

いくらなんでも公式サイトに並んでるってヤバくないウホ?

要はウォレットはサードパーティ製(第三者)なんですね。
BTG開発チームが、直接そのウォレットを開発したわけじゃないんですが…それでも公式サイトに載せる時点で、そのウォレットをチェックできなかったのかなとは思います。


BTG開発チームは

BTG開発チームはこの件に関して公式声明を発表し『開発チームはセキュリティの専門家と協力し、あらゆる調査を行って、何が起きたのか真相を明らかにする』としています。

開発チームは多くのユーザーから初期対応の遅れと、公式サイトの管理体制に関して多くの非難を受けています。

まぁ…そりゃそうなるウホね

私達ユーザーは「利用する側だから」と甘える気はありませんが、開発者のように専門的な技術は持っていません。
どれだけ気をつけてはいても、ウォレットや取引所を選ぶ最終的な基準は信用だと思うんですよ。

技術者が事前にチェックしたり、公式サイトへの掲載を厳選してもらえないと…同じような詐欺はまだまだ続きますよね。

ゴリが当事者だったら何も考えずにインストールして入力してたと思うウホ!

大半の人がそうでしょうね。これから年末にかけてビットコイン関連のハードフォーク乱発が予定されていますが、安全第一を最優先に、冷静に市場を見つめて対応するのが必要ですね。

●信頼度不明のウォレットやアプリに飛びつかない!

●仮想通貨関連サイトへの接続はURLをしっかりチェック!(取引所に偽装したニセサイトなどに注意)

●美味しい話に飛びつかない!(情報は必ず裏を取って、複数のサイトをチェック)

●使い慣れていないものには細心の注意を!

年末年始は雰囲気に流されて財布のヒモも緩みがちですし、しっかり管理して仮想通貨ライフをおくりましょう!

あ!ゴリ、管理人用に1個つけたしていいウホ?

え?(゜О゜)

●お酒を飲んだらトレードしない!(管理人専用)

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m
※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
news.bitcoin.com
www.coindesk.com


スポンサーリンク

ビットコインゴールド・公式サイトリンクのウォレットが詐欺” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す