<おさらい>ビットコインキャッシュを解説

先日のハードフォーク騒動や急沸で騒がれたビットコインキャッシュ。
管理人がわかる範囲で解説してみようと思います。

ビットコインを持っているだけで付与されたアレです

ニュースでも話題になったビットコインのハードフォークです。記憶にも新しいと思います。

当初はヤバいんじゃない?なんてことになり相場も乱れに乱れましたが・・・

結局は何の問題もなく、所持しているビットコインと同量のビットコインキャッシュが付与されて、ガチホールド組の大勝利。

管理人は、ワケも分からず持っていた記憶があります。

ラッキーだったウホーw

味をしめた管理人は、ビットコインゴールドも率先してゲットしておきましたよw

ハードフォーク=タダでコイン貰える!といった認識が植えつけられたのか、今回のビットコインキャッシュのハードフォークでは先に飛びついた人も多かったのではないでしょうか。


そもそもビットコインキャッシュって何?

上で述べたように、誕生したのは2017年8月1日。構造はビットコインと同じで、総発行枚数は2100万枚。

ビットコインキャッシュの特徴

■ブロックサイズが最大8MB

■セキュリティ面が向上

■Segwit実装なし

ビットコインキャッシュの最大の特徴はブロックサイズで、ビットコインキャッシュのブロックサイズの最大容量が8MB。対してビットコインは1ブロックの容量が1MB

ビットコインキャッシュは一つのブロックに8MB分の取引情報を入れることができるので、ビットコインの送金詰まり等の処理が追いつかなくなる問題を解決できるのではないかってことです。

ビットコイン側はこれをSegwit(取引の圧縮)を実装して対応しています。

そもそも、なんでハードフォークする必要があったの?

ビットコインキャッシュが誕生したキッカケは、中国マイナーによるビットコインの覇権争い。

中華マイナー
ブロック容量大きくしてもっと大きく儲けるアルヨー!
ディベロッパー
そんなことしたら、小規模マイナーが不利になるからやりませんw
中華マイナー
なら出来るよう新しいコイン作るアル!
中華マイナー
ビットコインなんてマイニングしないアル!滅んでしまえ!

雑な説明ですが、全体的にそんな感じです。

中華マイナーが効率良く儲ける為に作られた通貨

言ってみればビットコインキャッシュは中国のマイナーが作った通貨。

ビットコインキャッシュにSegwitが実装されていない理由は、マイニングマシンの「ASIC Boost」と呼ばれるマイニングを効率よく行える技術を稼働させるためだともいわれています。

マイナーが支持しないと通貨はゴミになるけど・・・マイナーにも利点が無いとだしなぁw

ビットコインキャッシュは、マイナーが主権を握っている通貨とも言っても過言ではないですね。


今では多くのマイナーに支持されている

当初はマイニングの効率が悪くて支持されず、取引速度が遅くていきなりゴミ扱いでした。

同じ難易度なら、より価値が高いビットコインをマイニングした方がお得ウホー!

この問題がマイニング難易度の調整によって解決し、今では支持するマイナーも増えています。
先日のハードフォークもマイニング難易度の調整に触れてましたね。

利用者とマイナーのバランスが上手くとれて、尚且つマイナーが分散してくれると良いですね。

最近では各国がマイニングに興味を持ち続々と参入しているので、今後は上手くバランスがとれるかもしれません。

そんで、ビットコインよりもビットコインキャッシュの方が優秀?

一概には言えませんが、セキュリティ面や処理能力の面では優れていると思います。

将来的にビットコインとビットコインキャッシュのランキングが変わるかもしれませんし、決済導入する場面も登場するかもしれません。

しかしそれを強引にやろうとすると、間違いなく市場の反感をかいます。ディベロッパーやマイナーは需要を考えながらやってほしいものですね。


スポンサーリンク

<おさらい>ビットコインキャッシュを解説” に対して 2 件のコメントがあります

コメントを残す