ビットコインは法を超える存在ではなく、不正を引き付ける磁石ではない

ビットコインは不正な取引のための磁石ではない

ビットコインは、犯罪やマネーロンダリングに適したツールとして、しばしば非難にさらされています。
これに対し、カナダ・ケベック州のチーフ・サイエンティストのWEBサイトでは、Agence Science-Presseによって作成された、興味深いレポートが報告されています。

犯罪目的の利用は魅力的じゃない

このレポートでは、結論としてビットコインを以下のように評しています。

『ビットコインは法律を超える存在ではなく、不正を引き付ける磁石ではない。それは地球を巡る「犯罪金」のごく一部です。その理由は痕跡を残さずに取引したい人にとっては、それほど魅力的ではないからです』

ウホー!ズバっと言ったウホね!


ビットコインの匿名性は神話

レポートでは、多くの場合は個人情報の提供が必要なプラットフォームを通過する必要があるため、匿名の「お金」ではないとし、トランザクション(取引履歴)が世界のネットワークに記録され公開されるという仕組みは、匿名の日常的な活動には理想的ではないとしています。

さらに、ZcashやMoneroのような匿名性に特化した仮想通貨がユーザーにプライバシーを提供しており、結論としてビットコインは犯罪の匿名性を確保するという目的においては理想的ではないと結論づけています。

なるほど~言われてみると納得のトコもあるウホw

「Bitcoin」という仮想通貨単体で考えれば、世間で言われるほど匿名性に特化してないよって話ですね。逆に言えば、一般の利用者が取引所にアカウント開設を行う時の本人確認等がしっかり浸透してきているとも言えると思います。

でもやっぱ…まだまだ非難する意見とかもけっこうあるウホね?

うーん…報道などに関して言えば、より多くの人の興味を引くような記事の出し方をするでしょうし、その辺もあるんじゃないですかね?

『ビットコインなどの仮想通貨でマネロン!』という見出しと、『Moneroでマネロン!』という見出しを比べると…

あっ…確かに普通の人は『Moneroなにそれ?おいしいの?^q^』ってなるウホw

仮想通貨自体が新しいものですから、出る杭は打たれるじゃないですけど、いろんな意見があるのは、ある意味で健全な成長の過程かもしれませんね。

タケノコなみにメキメキ成長してほしいウホ~♪

レポートでは様々なデータの引用などで解説されていたので、興味がある方は下の参照元から見に行ってくださいね!

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m ※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
scientifique-en-chef


スポンサーリンク

コメントを残す