ビットコインの価格下落とグラボ

ビットコインの価格下落とグラボ

2017年これまでの仮想通貨市場の情勢は、マイニング・GPU市場にも影響を与えるのだろうか?

AMDの発売したGPU:Vega56は、今年のイーサリアムの価格高騰の影響を受け、ほとんどの主要なオンライン市場で発売から5分ほどで完売した。
GPUの供給不足は今も続いており、最新のハードウェアを求めるゲーマー達からは、現在の状況を嘆く声も多い。

※関連記事はコチラから

GPUへの大きな需要はNVIDIAとAMD株価の急騰につながった。
両社共に、あくまでも主要な販売市場はゲーム市場であると主張している。

NVIDIA・AMD両社はマイナー、ゲーマー双方への供給を安定して行う為に、マイニング用途に特化した専用GPUの開発を進めており、AMDはマイニング向けのドライバを発表しました。

マイニングとゲーム、用途別にわけようとしてるウホね

主戦場はゲーム市場とは言っても、ここまでマイニング目的の需要が伸びれば対応が必要ですし、長期的な目線でもリターンがあると判断したんでしょうね。


中国の騒動と、ビットコイン価格下落の影響は?

仮想通貨とマイニング、そしてGPUは密接な関係を持っている。
過去にビットコインの価格が大きく下落した時には、マイニング施設の運営者が施設を閉鎖し、市場に大量のグラフィックボードを溢れさせ、NVIDIAとAMD製品の需要を奪った。

中古グラボが大量に売りに出されたウホ?

そうです。中古とはいっても、大掛かりなマイニング施設では効率を上げる為にけっこうなペースで機器を買い替えますから、発売から数か月程度のグラボでしょうね。

メーカーの需要を奪うレベルの枚数ってすごいウホ…

10枚100枚の単位じゃないですからねぇ、一般のユーザーはそこまで頻繁に買い替えるようなものじゃありませんし、それなりに新しいグラボが中古で安く売っていればそっちを買っちゃいますもんね。

グラボ市場に対するアナリストの意見

ビットコインの価格下落を受けて、GPU市場への影響も懸念されているが、Jeffriesのアナリスト、Mark Lipacis氏は以下のように見解を述べた。
Jeffries⇒米国の投資銀行・証券会社

『ブロックチェーンの技術は、今では仮想通貨以外の金融サービス等にも応用されており、GPUの需要は成長を続けると予想される』
『ある程度のボラティリティ(資産価格の変動)があっても、GPUの市場はブロックチェーン技術の重要な推進要因になる』と予測している。

マイニング需要だけじゃないから心配すんなって言ってるウホ

ブロックチェーンの技術は仮想通貨関連だけじゃなく、様々な分野に応用されて広がっていますから、長期的に見ればグラボ市場も成長を続けるよってニュアンスですね!

管理人は個人的にグラボなどのハードウェアが大好きなので、NVIDIA・AMDにはがんばって欲しいです!

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m
※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。


スポンサーリンク

コメントを残す