ビットコインに関連する求人情報の増加

ビットコインに関連する求人情報の増加

企業と人材を繋ぐプラットフォームである、LinkedinとUpworkでは、ビットコインと仮想通貨に関する仕事の数は、近年大きく増加しており、両方のプラットフォームでは、暗号化技術と、ブロックチェーン技術に関連するスキルリストでは500%以上の増加を記録していると報告しています。

米ブルームバーグによると、関連する求人リストの大部分はソフトウェア業界向けであり、仮想通貨業界全体の約70%を占めていると報告しています。

近年では、ビットコインに関わる市場の勢いに押される形で、多くの企業が暗号化に関するスキルを持つ人材を求めています。

スポンサーリンク

Linkedinでは

ビットコイン関連の求人は、過去3年間と比較して金融業界で9倍以上、ソフトウェア業界では4.6倍以上に急増し、仮想通貨関連の仕事の大半は、ソフトウェア開発に結び付いています。

Upworkでは

ブロックチェーン関連のスキルに関し、ウェブサイト上では2017年第3四半期中に、2番目の成長を確認しており、急速に伸びている分野と見なしていると述べている。


ウホー これだけ求人が増えるってよっぽどウホー

その多くは専門的な技術者を求めているようですが、仮想通貨やブロックチェーン技術が普及すればするほど、関連の求人は増えていくでしょうね。

やっぱ企業は興味あるウホね!

ICO・ブロックチェーン技術・個々の仮想通貨に関してしっかりした知識を欲しがっているのは確かでしょうね。
ビジネスチャンスを探るには、それを知らなければ検討もできませんし、専門家を求めているんでしょう。

あれ?ゴリさん何してるんです?

もしかしたらゴリにもオファーがあるかもしれんから髪型を整えてるウホ!

…ねぇよ。(たしかにその可能性はありますね!)

おまえ思考と発言が逆になってるウホー!

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m
※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
news.bitcoin.com


スポンサーリンク

コメントを残す