ビットコインとアルトコイン

ビットコインとアルトコイン

ビットコインに興味をキッカケに仮想通貨に興味を持った人は多いハズです。

最初はビットコイン=仮想通貨という認識を持つのは当然ですし、一般的に仮想通貨と言えばビットコインだというイメージが浸透しています。

仮想通貨を調べ始めると、世の中にはたくさんの種類の仮想通貨が存在している事に気づくはずです。

ビットコインこそが仮想通貨だと思っていた人は混乱しますよね。

なんで仮想通貨ってこんなに種類あるウホッ!?

次々に生み出される仮想通貨に対して、不安を感じる人も多いのではないでしょうか。

ここではビットコインとアルトコインの関係をわかりやすくまとめていきます。


そもそもアルトコインってなに?

alternative coin

日本語に訳すと[代替通貨]でしょうか。

ビットコイン以外の仮想通貨をアルトコインと呼びます。

仮想通貨の中ではビットコインの知名度は圧倒的です。

その為、ビットコイン以外の仮想通貨をまとめて[アルトコイン]という名称で呼んでいるんですね。

その数は1000を超えるとも言われていて、いまこの瞬間にも新しい仮想通貨が生まれているかもしれません。

どうして仮想通貨には大量の種類があるの?

それは代表的な仮想通貨であるビットコインの仕組み(プログラム)が万人に公開されているからです。

プログラムに関して知識や技術を持っている人ならば、ビットコインのプログラムを元に、新しい仮想通貨を作る事ができます。

こういった背景から、たくさんのアルトコインが生み出されているんですね。

簡単に新しいお金が生まれるって危険じゃない?

こんな疑問を持つ人も少なくないと思います。

ここで誤解しないで欲しいのは

新しい仮想通貨を生む=大金持ち ではないという事です。

ビットコインや一部の有名なアルトコインが、お金としての[価値]を持っているのは、その仮想通貨を利用する人達が[価値]を認めているからなんですね。

お金が誕生した古代でも、石のお金や貝殻などに対して、取引をする当人同士が[お金としての価値]を認めているから成立するわけです。

ちょっと飛躍した例を挙げれば、ビックリマンシールや遊戯王カードだって、当人同士が価値を認めていれば[お金として機能する]んですね。

「今月は金が無いから、このヘッドロココのシールと米を交換してくれ!」

「ヘッドロココなら米5kgだな…スーパーゼウスなら10kg出すぜ?|д゚)」

「ぐぬぬ…(; ・`д・´)」

話が大幅に逸れました(笑)

 

要するに、お金の価値とは[それを使う人が価値を認めるから]お金として機能する…と。

アルトコインの中には、登場から着々と価値を上げて認知度を得ているモノから、登場はしたものの全く認知されないモノや、最初からサギまがいで出資だけを集めているものなど多種多様です。

それを[危険]と捉えるか、発展性のある[チャンス]と捉えるかは、人それぞれですね。

アルトコインは可能性の塊である

良くも悪くも、アルトコインは大きな可能性を秘めています。

第二第三のビットコインになるかもしれませんし、ある日暴落するかもしれません。

また、仮想通貨という言葉が最近では1つの大きなブームになっている点から、それに目を付けた悪者がサギの材料に使っているという側面もあります。

絶対・必ず・100%儲かる仮想通貨なんて存在しません。

そんな宣伝文句を見かけたら要警戒ですね。

個人的には、まずはビットコインや有名なアルトコインを少額から始めて、仮想通貨の仕組みに触れ、知識や情報を得ることからスタートするのがいいと思いますよ!

仮想通貨に使われている技術は、投資目的だけに限らず、今後の未来にきっと役立つ時がくると思います。


スポンサーリンク

コメントを残す