アトランタ・ハッカーが行政システムに攻撃、解除にビットコインを要求

ハッカーが行政システムに攻撃

アメリカ・ジョージア州アトランタでは、市政府のコンピューターがハッカーから攻撃を受け、支払い処理や裁判所情報へのアクセスが出来なくなっていると報告している。
ハッカーは「ビットコインで51,000ドルの支払いを要求」しています。

解除にビットコインを要求

アトランタ市長:Keisha Lance Bottoms氏は、木曜日の記者会見でハッカーによる攻撃を発表しました。

市長は職員が「攻撃の範囲を把握していない」と説明し、個人情報や銀行口座のデータが損なわれる危険性に言及、全員がこの攻撃の対象になっていると語りました。

アトランタ市は、侵害を受けたデータを正確に判断し、解決のために、マイクロソフト・FBI・国土安全保障省などと協力しています。

ハッカーは攻撃の解除に「ビットコインで51,000ドルの支払い」を要求しているが、市の担当者はハッカーに支払いを行う計画は無く、問題の解決に全力で取り組むとしている。


データを人質にした身代金事件ウホねぇ

不謹慎かもしれませんけど、行政のシステムをハッキングして51,000ドルって…すごい安い気がしません?
日本円だと550万くらいですよ。
見解は色々あると思いますが、ハッカーにとって、その金額で見合う程度の労力とリスクなんですかね?

そう言われると現実的な金額ウホー
なんか最近ハッキングとかすごい増えた気するウホね

悪い人は常に一定数いますから、どちらかと言えば犯罪の行われる場所が変わったのかもしれませんね。
一昔前は、資産家を狙った人質事件だったものが、現代ではデータを狙って身代金ですからね。

ちょっと前はテレクラで会うのは危険だ!みたいのあったけど、今はアプリが危険だみたいな話ウホね?

例えが合ってるかはともかく、すっげぇリアリティありますねww

それに乗っかって言うなら、ポケベル→携帯→スマホという進化で劇的に便利になりました。
その進化と同じくらい、私たちの防犯意識も常に更新していかないといけませんね!

ゴリは夢を追うより大人のお店をオススメするウホ♪

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m ※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
fortune.com
bitcoinist.com


スポンサーリンク

コメントを残す