【アルトコイン】ネム(NEM/XEM)をふわっと解説

ネムをふわっと解説

仮想通貨取引所で目にする、Bitcoin以外のコインをアルトコインと呼びます。

今回は、ネム(NEM)にスポットを当てて、専門用語を出来るだけ使わずにふわっと解説していきます。

ネムは私達の生活している日本と関わりの深い仮想通貨なので、今まで所持した経験がない人もぜひこの機会にネムの魅力を感じてみてくださいね!

ネムって何だ?

ネム⇒NEM

通貨単位は⇒XEM

もともとは、仮想通貨のプロジェクトである New Economy Movement(新しい経済活動)から頭文字をとって命名されたものです。

2014年にプロジェクトが立ち上がり、2015年に公開されました。

現在の総発行量は「8,999,999,999XEM(約9億)」で、既に全てのXEMが発行されており、新規発行は行われません。

その為、ビットコインなどの仮想通貨とは違い、『マイニングする』という概念がありません。

NEMネットワークでの取引の承認は、ハーベスティング(収穫)と表現され、取引の承認に対し、コインを発行する事で報酬を渡すのではなく、取引手数料を分配するという仕組みです。

この仕組みの事を、POI(proof-of-importance)と言い、NEMの根幹を支えています。


ホホー でもどっちみち取引の承認して報酬もらえるなら名前が違うだけじゃないウホ?

なるほどなるほど。じゃあそんなゴリさんに質問です。
マイニングと言えば…一番に何を思い浮かべますか?

ウホ?管理人の家の…グラボが熱暴走ウホ!!

…それはその通りですが、グラボが高熱を発するくらいの電気を消費していますよね?
NEMで採用されているPOIは、取引の承認に高額な電気代を必要としません。

さらに、ビットコインなどのマイニング市場においては、今や資本力を持った大企業じゃなければ利益を出す事が難しい環境になっていますが、NEMのPOIであれば、私達のような個人でも参加する事ができます。

みんなに優しいって高感度アップウホね!


POI(proof-of-importance)とは?

ザックリ言うと、ユーザーのNEMへの貢献度によって、報酬が分配されるシステムです。

ビットコインなどに採用されているシステムとの違いを見ていきましょう。

ビットコインなどに採用されているPoW(Proof of Work)では

演算能力(計算量)が、高い人ほど報酬を受け取りやすいシステムです。
高性能な機器をズラーっと並べ、大量の電気を消費して「取引の承認」に参加して報酬を受け取ります。

イーサリアムに採用が検討されているPoS(Proof of Stake)では

コインの所有量が多い人ほど報酬を受け取りやすいシステムです。
言い方は悪いですが、たくさん所有している「お金持ち」ほど報酬を受け取りやすいですね。

NEMに採用されているPOI(Proof of Importance)は?

XEMを保有しているユーザーの、NEMへの貢献度(重要度)によって報酬を受け取る事ができます。
POIの[Importance]とは、日本語に訳すと[重要性]という意味になります。

重要度によるってどういう意味ウホ?

ものすごく簡単に言うと、参加したばかりのピカピカの初心者さんは「NEM初段」で、積極的にNEMを利用したり、取引したり、一定以上の量を所持している人は「NEM十段」で報酬を受け取りやすいというシステムですね。

ホホー レベルアップしていくようなイメージウホ?

レベルアップというよりは「NEMから自分の重要度を評価される」というイメージが近いかもしれません。

ヤフオクの画面で出品者の評価が気になったりしますよね?良い評価をたくさんもらって、ダイヤモンド表示の人は報酬が受け取りやすい。そんなイメージですね!

その「重要度の評価」が、これから解説するハーベスティング(収穫)の報酬に関わってきます。

ハーベスティングとは?

NEMのハーベスティングとは、ビットコインにおけるマイニングと同じように「取引の承認」を行う事です。

基本的な部分では、ブロックごとに取引を承認していくという仕組みは他の仮想通貨と同じです。

BTCマイニングの報酬は⇒新規発行されるビットコインです。
NEMハーベスティングの報酬は⇒利用者が払う手数料の分配です。

NEMの利用者は取引を行う際に、手数料を払います。

その手数料がハーベスティングの「報酬」になるわけです。

その報酬は、ハーベスティングを行う人の《重要度》に応じて分配されます。

上の項目でも解説しましたが、重要度の評価はXEM保有量を元に、取引数、取引量、取引相手などを考慮し決定されています。

なるほど~保有数だけじゃなく、取引数とかも評価の基準になるウホね?

保有数が多ければ有利であるのは事実ですが、評価の基準は「必ずしもそれだけじゃない」という点が大事ですね。

実際にハーベスティングを行う人向けの解説は、別の機会にさせてもらいますが《NEMのハーベスティングは個人でも参入しやすい》と理解しておきましょう!

技術面の詳しい説明は、NEMの説明書というサイトで解説されています。《NEMの説明書


NEMと日本

NEMは開発チームに日本人が含まれていたこともあって、日本では人気の高い通貨です。

また、仮想通貨取引所で有名な[Zaif]を運営しているテックピューロ社は、NEMのテクノロジーを使ったプライベートブロックチェーン《mijin》を開発しています。

こういった点から、私達にとっては親しみやすい仮想通貨であるとも言えますね。

そう言われてみると、仕組みや理念が日本的な気がするウホー

ハーベスティングにしても、お金持ちだけが参入して利益を得られる仕組みじゃなく、一般の個人にも門戸を開いていますもんね。

NEMとmijin

NEMは⇒世界中にオープンで誰もが使えるブロックチェーン

mijinは⇒企業・グループなどがプライベートな環境で使うブロックチェーン

mijinが目指すもの

この動画が一番イメージが掴みやすいと思います。
日曜の夕方におなじみの声の方がナレーションを行っています。

NEMの将来とカタパルト

現在、テックビューロ社とNEMの開発者が共同で《カタパルト》と呼ばれるプロジェクトを進めています。

これはmijinのブロックチェーン技術を改良し、『処理速度を超高速にする』というものです。

NEM・mijin 双方の改良点をお互いに活かし、双方の性能を引き上げていくことが期待されています。

そして!このカタパルトは《2017年中》のリリースが予定されています。

ゴリはNEMに注目してるウホ!

NEMを購入するなら

国内取引所では、Zaifで取り扱っています。

■ZAIF登録方法

■ZAIFでnemを買う方法

先日、仮想通貨初体験の友人に購入方法をレクチャーした記事があるので、良かったらそちらも参考にしてくださいね!


スポンサーリンク

【アルトコイン】ネム(NEM/XEM)をふわっと解説” に対して 4 件のコメントがあります

コメントを残す