ナスダックCEO『規制環境が成熟すればNASDAQは仮想通貨交換を検討するだろう』

『規制環境が成熟すればナスダックは仮想通貨交換を検討するだろう』

米ナスダックのCEO:Adena Friedman氏は、CNBCの番組でインタビューに答え、仮想通貨市場とナスダックの今後の関係について『将来的に仮想通貨の取引を提供する可能性がある』と語りました。

ウッホー!めっちゃ好感度UP♪

スポンサーリンク

仮想通貨市場にオープンな姿勢

Friedman氏は、インタビューの中で『時間の経過によって、投資家に公平な経験を提供するより規制された市場の準備が整えば、ナスダックは暗号交換を検討することは間違いないだろう』
と語り、デジタル通貨の将来について、強気かつオープンな姿勢を見せた。

それと同時に、ナスダックが仮想通貨取引を扱う前に規制環境が成熟することが重要だとしています。

ナスダックはまだ仮想通貨の取引に直接の関与はしていませんが、その技術を取引所に提供することで、少しずつ関係を深めています。

取引所Geminiとの提携

ナスダックは、取引所Geminiとの技術協力を発表しています。
Geminiは、ナスダックのSMARTS市場監視技術を使用して、価格操作の可能性や、その他の違法行為を自動的に検出するとしている。

ICOは規制が必要

Friedman氏は、世界中で議論が続けられているICOの対策について、『規制する必要がある』と語っています。
『米証券取引委員会(SEC)は、ICOが証券提供であるとの見解を示しており、そのように規制される必要があることは間違いありません』

Friedman氏のこれらの発言は、仮想通貨市場とナスダックの距離が縮まりつつあるということを示していると受け取れる。


ホワー、なんかうまく言えないけど、仮想通貨めっちゃ広がってきた気がするウホね

すごいスピードですよね。
ほんの1年前と比べて考えてみても、爆発的に普及したように感じます。
取引量とか価格もそうですが、何より「世界に周知されてきた」という意味で。

そうやって考えたら規制とかのニュース増えるの当たり前ウホね

それだけ多くの人の関心が集まっているワケですもんね。
投資目的だけじゃなく、実際に自分で所持してみようか迷っていたり、興味があって気になっている人も多いんじゃないかと思います。

ゴリも最初に仮想通貨買う時は、すげードキドキしながら買ったウホォw

あははw最初は期待と不安が半々ですもんね。

もしかしたら既存の金融関連企業さんも、その時のゴリさんと似た気持ちで仮想通貨市場を見ているのかもしれませんね!

期待の方がデカイと思うウホ!

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m ※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
www.cnbc.com
gemini.com


スポンサーリンク

コメントを残す