ドバイ政府がデジタル通貨を発行

国が管理する独自のデジタル通貨「emCash」を発行することを発表

アラブ首長国連邦(UAE)では”emCash”を使って各支払いが可能に。ドバイ政府はブロックチェーン技術を応用したデジタル通貨を使った新たなシステムを目指す。

銀行等の第三者機関を仲介せずに取引を完了させることで、手数料が安くて利用者にとって便利な取引を目指しているようです。

このプロジェクトでは、市民のクレジット情報を管理する「emCredit」と、イギリスに本拠地を構える「Object Tech Grp Ltd」とのパートナーシップが発表された。

emCashはObject Techが提供するemPay walletで管理をすることで、送金から物品の支払いまでを行うことができる。emPayユーザーは、emCashを使うことで銀行を介さずタイムレスでセキュアな取引が可能になる。


ドバイ経済省のアリ・イブラヒム長官

ドバイ経済省のアリ・イブラヒム長官は、emCashについて以下のようにコメントしている。

「emCashは、契約に縛られない自由な取引を可能にすることで、ユーザーをより満足させるスマート経済への発展を促し、ドバイをより魅力的なビジネス国家にします。デジタル通貨は、高速処理や取引時間の短縮、取引の簡素化による低コストの実現など、多くのアドバンテージがあります。このような新たな金融システムは、私達の日常生活やビジネスのあり方などを大きく変える可能性があるゲームチェンジャーです。」

ドバイにはe-Dirhamと呼ばれる支払い方法が既に存在しいて、政府が管理する支払いネットワークサービスで銀行などを介して取引が行われる。

なのでUAE市民はemCashと、既存のe-Dirhamの好きな方を支払方法として選ぶことができる。

元々類似したシステムがあったようだウホ。
銀行同士がコインの覇権争いをしているわけじゃないので、浸透も早そうだウホ

使用されているブロックチェーン技術やemCashがどのような仕様なのかなどの詳細は発表されていない。

国で発行・管理する独自通貨への新しいチャレンジは、現在では各主要国で見られる活動です。
是非日本も頑張って欲しいですね。

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m


スポンサーリンク

コメントを残す