チリ・仮想通貨取引所vs銀行の舞台は裁判所へ

仮想通貨取引所vs銀行

南米・チリの仮想通貨取引所3社(Buda、Orionx、CryptoMarket)は、取引所の銀行口座が予告なく閉鎖され、顧客へのサービス提供ができなくなっています。

理由は不明

ブルームバーグの報道によれば、口座の閉鎖を行った銀行は〔Itau Corpbanca・Nova Scotia・国有銀行Banco del Estado de Chile〕の3社で、いずれも口座閉鎖の理由について現状ではコメントを行っていないという。

取引所側は、控訴裁判所に訴状を提出し、事態の解決に向け裁判で争われることになるが、現状は銀行口座が閉鎖されたままである。

ウホー 今後に再開できたとしても取引所は大打撃ウホね


政府の要請?

現地の意見では、口座を閉鎖する命令は政府からのものだと推測されており、投資家・支持者達はこの動きを懸念しているという。
しかし、現状では銀行口座の閉鎖がチリ政府の要請によって行われたかどうかは不明のままだ。

てか…こういう話の時に政府がハッキリしないのってなんでウホ??

取引所BudaのCEO:Guillermo Torrealba氏は、ブルームバーグに対し、Budaは自主規制されており、他の金融業と比べても同じレベルの顧客確認を行って法規制を遵守していると述べています。

『彼らは業界全体を殺しています』
『チリの安全なビジネスでは暗号を売買することはできません。私たちは5年前に戻って貿易をしなければなりません。それは非常に*恣意的なようです』

※恣意的(しいてき)⇒思うまま、好き勝手にふるまうさま。


ホハー 取引所からしたら…たまらんウホねぇ

報道だけを参考にすれば、ある日突然何の説明もなく口座が使えなくなるわけですもんね。しかも3社同時期に。
政府や公的機関から説明の上で、段階を踏んでなら方針として理解できなくもありませんが…。

なんか去年の中国とかとやり方似てる感じするウホー

現状では政府の関与については「あくまでも推測」ではありますが…なんの下準備も無しに口座が閉鎖されたらユーザーも取引所も混乱するでしょうね。

チリでの取引量は全体から見れば小さいものではありますが…今回のケースが「悪いモデル」にならないように、誰もが納得できる形で解決されてほしいと思いました。

やるならやるでハッキリ明確にやれウホ!

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m ※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
bitcoinist.com
bloomberg.com


スポンサーリンク

コメントを残す