スロベニア・世界初のビットコイン記念碑

世界初のビットコイン記念碑

スロベニア共和国のクラーニ(Kranj)市は、ビットコインとブロックチェーン技術への、公共記念碑の完成を発表しました。

交差点の中心に『B』

《画像引用元⇒phys.org

記念碑はクラーニ市内中心部のロータリー交差点に建立されており、円の直径は約7メートル、ビットコインとブロックチェーンを象徴する《B》が選ばれました。

この記念碑は、2つの地元企業である取引所Bitstampとソフトウェア会社3fsから資金提供を受けており、クラーニ市では、世界初の公開ビットコイン記念碑であると発表しています。

Kranj市長:Bostjan Trilar氏

『私達は、ロータリー交差点に何を設置すべきか市民に対してFacebookのページで尋ねたところ、このアイディアを受け取りました』

『クラーニ市は、現代テクノロジー企業と密接に結びついており、そのうちのいくつかはブロックチェーン技術で成功しています。それを尊重することは適切であると考えました』


ホーw 交差点の真ん中にビットコインのシンボルってすげー絵面ウホw

どこかの企業の敷地内とかならわかりますが、公的な道路の真ん中だから、インパクト大きいですよね!
ニュースとしてはこれだけなんですが、なんかホッコリしたので取り上げてみましたw

当たり前だけど、国や地域によってビットコインへの印象は全然違うの実感したウホ

ですねぇ。年明けの急落と騒動以降、なんとなく仮想通貨に関わる全てが冷えているような印象になってしまっていましたけど、それは自分で視野を狭くしてしまっていたのかもしれないなぁと思いました。

仮想通貨は世界が舞台ウホよ!

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m ※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
www.blockchainmonument
phys.org


スポンサーリンク

コメントを残す