スピンドル(SPINDLE/SPD/ガクトICO)が仮想通貨取引所YoBitに上場。価格は・・?

ICOは取引所の上場がゴール?

色々なICOが仮想通貨取引所に上場しているようで、ネタで参加していたスピンドル(SPINDLE。通称ガクトICO)が19日土曜日にYoBitに上場しました。

ウッウホーッ!?

ICOは上場がゴール的な風潮がありますが、お金を積めば上場できる取引所も存在するし、逆に言えば投票や考慮も関係なしにお金だけで上場できる取引所も存在します。

XPで一時的に有名になった「Bitindia」なんかはタカリ取引所で一躍有名になりましたねえ。

「投機目的」であればトークンに値が付いて実際に売ることが出来れば良いので「上場がゴール」といえます。

ICOで集めたお金を開発チームが持ち逃げしたり、上場するする詐欺が横行する中、実際に取引所に上場すること自体が1つのステップと言えるでしょう。

仮想通貨取引所に上場する方法

仮想通貨取引所で最も有名なBinanceを調べてみようと思ったら、公式サイトに記載されていました。

ざっくりと内容をまとめると

・ユーザー(ホルダー/流通量)が多い

・プロダクトがある

・有名なチーム

抽象的ウホね・・

確かにそうかも知れませんが、なんとなく言いたいことは分かります。

その他としては「上場するにあたってバイナンスに支払うに見合う金額を提示してください。金額によって上場が保証されるわけではありませんが、審査・検討の優先度は上がります。勿論ゼロでも構いません。

取引所もビジネスですからね。最低5万~100万ドル等々。各取引所によって上場の費用や条件が異なるようです。

逆にBittrexではアルトコインの取扱削除(上場廃止)のケースもあります。

取引所にとって、流動性のない仮想通貨を取り扱うメリットはありませんからね。上のような試みはユーザーにとっても良いことなんじゃないでしょうか。

一つ確かなことと言えば「アナタだけに教える非公開で特別なICOはBinanceに上場することは無い。」ということですね。

インチキくさいICO広告の謳い文句ウホ

一般には絶対に手に入らないICO案件は、一般に知られることもなく消えるのでしょう。

気になる価格は・・?

予想はしていましたが、取引板は・・真っ赤w

1SPD=0.000004~0.000008BTC(3円~5円)で推移している模様。

ギャァァァァッ!

プレセール時は1SPD=25円~600円位だったので、俗に言うICO割れという状態ですね。

見ての通りプレセール時点で価格がバラッバラだったし代理店でしか買えなかったので、なんとな~くお察っし。

管理人的には「よく上場できたなぁw」と思っています。

 

ホルダーに20倍のトークンが・・・といった話もあるのですが、とにかく情報が出てこない。公式サイトも検索にかかりにくくて情報がほとんど更新されない。

唯一の情報源はアメーバのガクトさんのブログ。

とにかく上場したから詐欺じゃないウホ!

良かったですね!運営の買い支えがあるかもしれません。

ICOに関して言えば、ドコからドコまでが詐欺なのか線引がよく分かりません。

■資金持ち逃げ
→詐欺

■ICO失敗
→計画的な詐欺か単純な失敗か?

■上場するする
→取引所の都合もあるので何とも

■上場したけどプロジェクトは進まない
→プロジェクト進んでなくても、上場したら文句ないでしょ?

参加しておいてアレですが、僕には内容が懐疑的に見えてしまうので・・プロジェクトの進捗が気になるところです。


スポンサーリンク

コメントを残す