ジェイミー・ディモンは、ビットコインについてもっと学ぶべき

理解した上で否定的な発言をするべき

中東を拠点とするハイテク投資会社Wamda CapitalのCEO、Fadi Ghandourは、JPモルガンのCEOジェイミー・ディモンの一連の発言について、ビットコインや他の仮想通貨に関する否定的な声明を出す前に、それらをもっと知るべきだと語りました。


スポンサーリンク

記憶に残るディモン氏の発言

ここ数週間、ディモン氏はビットコインや他の仮想通貨に関して、否定的な意見を表明していました。

・ビットコインは詐欺
・単なる*ノベルティ
・ビットコインに投資する人はバカ

※ノベルティ(WIKIより)⇒ノベルティ(novelty item)とは、原義では「珍しい事象や物」を指すが、近年では「企業が自社や商品の宣伝を目的として、それらの名称を入れて無料配布する記念品」を指す。

Ghandour氏の意見

ジェイミー・ディモンは、ビットコインや他の仮想通貨を、詐欺的な観点から話す前に、それを理解する必要があります。

それらと会話し、理解し、規制する方法を見つけてください。
理解できないことについて大きな声明を出さない。
謙虚になり、落ち着き、地に足を着けて学びなさい。


ウホーw学校の先生が諭すみたいな言い方ウホw

ディモンおじさんと同じレベルで語りたくないという空気が出てますよねw
言いかえれば『何も知らないくせに印象だけでペラペラ発言すんな』と言っているように聞こえます。

ディモンおじさんフルボッコウホー

でもまぁ…発言があまりにも短絡的すぎて、仮想通貨への強烈な対抗勢力というよりは、マスコット的な愛嬌を感じますよねディモンおじさんはw
着ぐるみがプンスカしてるようなイメージですもん。

ディモンおじさんをゆるキャラにしてグッズ販売されたらゴリは買いそうウホw


Ghandour氏が語る仮想通貨

Ghandour氏は、2017年10月中旬に世界銀行で仮想通貨に関するスピーチを行い、その技術が世界中でどのように受け入れられているかを示しました。

スピーチの中で、主要な仮想通貨が突然クラッシュした場合、 Bitcoinの投資家はひどく傷つく可能性があると主張しました。
その上で、投資家自身がリスクを理解し、投資判断を下すべきだと付け加えた。

「人々が傷つく可能性は否定できませんが、人々が成熟し、リスクを正しく理解していれば、自分自身で意思決定を行うことができます」

「あなたがバブルの一部になりたい場合は、あなたはバブルの一部である」

ウホー、なんか詩的な表現ウホね

投資会社のCEOなんだから、もっと投資を煽る言い方をしても良さそうなものですが、「ちゃんと自分でリスクを理解して投資するか判断しよう」という当たり前だけど大事なことを語っていますね。

リスク面だけ煽りに煽ってたディモンおじさんを反面教師にしたと思うウホw

 …(;’∀’)

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m
※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
cointelegraph.com


スポンサーリンク

コメントを残す