シンガポールと仮想通貨とICO

シンガポールと仮想通貨とICO

シンガポールの副首相は、中央銀行が仮想通貨の発展とICOの資金調達に注目していることを明らかにした。

マネーロンダリングと、テロ資金調達のリスクに対処するための「新しい支払いサービス規制の枠組み」に基づいて、仮想通貨の適正な使用を検討していると発言しました。

スポンサーリンク

シンガポールの見解

国会議員のCheng Li Hui氏は、一連の仮想通貨関連の問題について質問

・シンガポールにおけるビットコインなどの仮想通貨の使用/投資を追跡しているかどうか。
・仮想通貨が金融業界にどのような影響を与えるか。
・仮想通貨の使用/投資の問題とリスクを評価するための調査が実施されているかどうか。
・将来、規制の枠組みが必要かどうか。

これに対してShanmugaratnam副首相と、当局の担当者が返答

ほとんどの管轄区域と同様に、シンガポール金融管理局[MAS]は仮想通貨そのものを規制していません。
しかしながら、取引の内容が金融規制当局の管轄範囲内にある場合、それらを取り巻く活動を規制します。

トランザクションの匿名性に起因する仮想通貨は、マネーロンダリングやテロ資金調達のリスクに悪用される可能性がある。
MASは、これらのリスクに対処する新たな決済サービス規制の枠組みに取り組んでいます。

さらに、初期のコイン・オファリング(ICO)は、「MASの規制に該当する」資金調達活動が含まれていると付け加えた。
サンフランシスコの政治家は、ICOが4月初めに既存の証券法を遵守しなければならないと公然に述べているが、中央銀行は法制化の可能性を持って今後もICOを監視し続けることを確認した。

MASはICOのために新たな法律を発行していない。私どもは引き続きこのようなオファーの動向を監視し、より具体的な法律を検討します。

これって、既存の法律の範囲内で不正は不正として取り締まるって意味ウホ?

そういう理解でいいと思います。ICOに特化した新しい法律は準備中だけど、だからといって不正な事をするなら取り締まるよという意味でしょうね。
数週間前に、ビットコイン関連企業の口座を停止したりなどの具体的な取り締まりも行っていますし、仮想通貨に寛容なシンガポールだから、ICOやり放題では無いですね。

ICOを全禁止するんじゃなくて、それを使った不正は許さんって形ウホね!


ICOに対する姿勢は各国様々

副首相は、中央銀行の焦点は、仮想通貨やトークンそのものではなく、企業株式などの資産だと語った。

「MASは、国民が仮想通貨やトークンを価値あるものと考えている事を把握しており、金銭取引すべての商品を規制しているわけではないし、規制することもできない」と付け加えた。
その一方で、中央銀行は仮想通貨を題材にした[投資詐欺]などに関するリスクを勧告している。

仮想通貨が[悪]じゃなく、それを使った変な資金集めはダメって話ウホね

ですね。同じようにICOを取り締まるにしても、国のお偉いさんがどう発言するかで印象が全然違いますね。
現金・仮想通貨・トークン問わず、マネーロンダリングやらテロ資金調達やらはダメに決まってんだろ!という話ですもんね。

他の国が全禁止するのとかもわかるし、対処が難しいウホねぇ

たしかにその通りなんですけど、禁止したところで仮想通貨のシステム自体が持っている匿名性や利便性に変化があるわけではありません。
一定の抑止にはなっても、根絶は難しいかもしれませんよね。
悪者は徹底して取り締まる、それプラス一般の人達が巻き込まれないようにアナウンスを続けるという姿勢がいいのかもしれません。
政府などの信頼できる所からの情報が無いと、一般の人は良し悪しも判断できないと思いますし。

詐欺に騙されたりしないように、仮想通貨をちゃんと知るの大事ウホ!!

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m
※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
cryptocoinsnews.com


スポンサーリンク

コメントを残す