コインチェック、マネックスグループの完全子会社化で新経営体制へ

コインチェック、マネックスグループの完全子会社化

4月6日、数日前から報じられていたコインチェック買収の件について、記者会見の場で公式発表が行われました。

新経営体制

コインチェックWEBサイト⇒corporate.coincheck.com
マネックスWEBサイト⇒file.swcms.net

コインチェック、マネックスグループ双方のWEBサイトでも公式発表が行われており、これによりコインチェックは新経営体制で運営される事になります。

和田晃一良代表取締役社長と大塚雄介取締役COOは取締役を退任し、新体制では執行役員として業務にあたる。
新たな代表取締役には、現マネックスグループ株式会社取締役兼常務執行役の勝屋敏彦氏が就任する予定だと報告されています。

買収額はおよそ36億円、Coincheckの名称は残しつつ、全面的なサービス再開と金融庁への仮想通貨交換事業者として登録を目指すとのこと。


なるほど~やっぱすぐ正式発表されたウホね

体制をガラっと変更しないと存続するのは難しいでしょうし、双方ともにプラスに働く要素があるという事ですかね。

ホー それにしても買収額36億円ってすげー安く感じるウホォ…

それはまぁNEMの補償が400億円オーバーですから、どうしてもその数字が頭に残っていて、それと比べてしまう部分はあるかもしれませんね。

補償の形については賛否両論あるでしょうが、最大規模の流出を補償して、全面再開に向けて動くって、かなりのことだと思います。

海外の取引所なんかだと、ハック⇒終了みたいのが大半のイメージウホォ

コインチェックの今後の動向は、色々な意味で世界的にも注目されていると思いますし、信用を取り戻すために全力を注いでほしいですね!

ウホッ!

※参照元※この記事はコチラを参考に執筆しました。
corporate.coincheck.com
file.swcms.net


スポンサーリンク

コメントを残す