ゲーム会社Nexonが韓国取引所Korbitを買収

ゲーム会社Nexonが韓国取引所Korbitを買収

韓国の仮想通貨取引所を運営するKorbitは、PC/携帯ゲーム運営会社Nexonが、Korbitの経営権を取得する取引契約に調印したと発表しました。

韓国経済新聞 (HanKyung)の地元報道によると、Korbitの株式65%を913億ウォン(日本円で約90億円)でNexonが購入することに、両社が同意したという。

ウホー、ゲーム会社が取引所の経営に乗り出すウホね

例の中国の騒動で、多数のユーザーが取引所を移したりしていますし、時流から考えて大きく商売をするチャンスだと思ったのかもしれません。
Nexonは大規模なゲーム会社ですから、インターネット決済やゲーム内課金などに仮想通貨取引所のノウハウが活かせそうですし、技術面で得られるものは大きいでしょうね。

スポンサーリンク

Nexonの展望は

Nexonは、Korbitを買収してビジネスを多様化すると伝えており、今後ブロックチェーン市場が拡大するとの見通しを示している。

最近のニュースでは、韓国カカオが提供するアプリ《カカオトーク》関連会社がBittrexとタッグを組んで「Upbit」という新しいサービスの提供を発表している。

ウホー、取引所関連で激動してるウホね

取引所を利用するユーザー数の増加を受けて、いままで静観していた大手企業が乗り出してきた形ですね。

ところでNexonってどんなゲーム会社ウホ?

あっ…このまま終わろうと思ったのに聞いちゃいました?

買収したってニュースだけでは他のサイトさんと同じですし、ゲームという好きな分野の話題なので、おまけ的にNexonがどんなゲーム会社なのかまとめてみましょう。

Nexonってどんなゲーム会社?

株式会社Nexonは東証一部上場の日本の会社です。
元々の創業は韓国で、海外進出を進めるべく2005年に本社を日本に移転したそうです。

主力事業はPCゲーム・スマホゲームなどで、特にMMORPGでは[いわゆる老舗]です。
PCゲームが好きな人であれば、Nexonが運営するゲームに一度は触れた事があるかもしれません。

代表的なゲームタイトルは

・メイプルストーリー
・カウンターストライク
・アラド戦記
・マビノギ英雄伝

などなど…ゲーム好きなら聞き覚えのあるタイトルですね。

ゴリもやった事あるゲームあるウホ!

MMORPGが好きな人の界隈では、説明不要なくらいの知名度で、Nexonが運営するゲームそのものへの評価はとても高いです』

ん…なんか引っかかる言い方ウホね?

今では日本の企業ですし、私も不確実な事は言えないので、こういう言い方になってしまいましたが、ゲームそのものより[運営]に対して様々な意見があるようです。

まぁ…扱っているタイトルの数と期間が膨大なので、悪い印象を与える話も多いのかな?という印象ではあります。

Google先生に聞いてみると、面白い話が見つかるかもしれませんw

そのNexonが取引所ビジネスするウホね…管理人はどう思うウホ?

ゲーム運営と取引所はまったくの別物ですし、何とも言えません。新しい市場に積極的にチャレンジする姿勢は素晴らしいと思いますよ!

ただ…あくまでも私の個人的な意見として、Nexonの取引所に自分の資産を1円でも置いておきたくないですね。

いろんなゲームで重課金してる管理人にここまで言わせるって…何があったウホ

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m
※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
coindesk.com


スポンサーリンク

コメントを残す