クラウドマイニング「ハッシュフレア」がサービス中止

クラウドマイニングの「ハッシュフレア」が20日にサービス中止

2013年に創設された仮想通貨クラウドマイニングのプラットフォームです。どうやら採算がとれなくなってサービス中止したようです。

その前にクラウドマイングって?

当ブログではマイニングの記事について触れることが多いので、ご存知の方も多いかと思います。

クラウドマイニングとは、要するにマイニングパワーの一部をユーザーが購入する仕組みです。

つまりマイニングに対する投資ウホー

もっと簡単に言うと「お金払うからマイニングしといて!利益出たら送ってね!」という仕組み。

ハッシュパワーや稼働時間等のプランを選んで購入出来るので自由度が高く、スペースをとらずにマイニングが出来ます。

国内でもDMM等がサービスを開始したんだとかしてないんだとか。

自分でマイニングするよりも遥かに電気代が安く、初期設備費用も掛かりません。

 

が、

 

投資したものの実際は可動していなかった等の詐欺払い戻しがなかった等の問題も報告されています。

つまり会社によっては非常に怪しいんですね。海外の会社相手だと泣き寝入りが関の山。

アフィリエイト広告が美味しいので、紹介したいのはヤマヤマですが・・・やはりお勧めはしません。

マイニング投資するのであれば、自分でやれば良いんじゃないかな?と思います。

コメントは阿鼻叫喚

ビットコイン価格の低迷でマイニング利益がでないウホー

まぁ・・ここ最近で上昇トレンドへの切り替わりの兆しが見えていますが、ちょっと見通しが立ちませんからね。

フェイスブックのコメントを見ていると「Scam(詐欺)だ」とか「金返せ」的なコメントで荒れているようですが、マイニングで利益が出なければ当然配当がありません。一体何を勘違いしているのでしょうか。

PoWはいつまで続く?

太陽光発電でのマイニングやマイニングで発生する熱を再利用等の様々な工夫がされていますが、「PoW」は5年以内には「PoS」や「PoI」「PoH」に移るんじゃないかなぁ?と管理人は考えています。

※PoW=マシンをガンガン回してマイニングするもの

仮想通貨少女もマイニングについて歌ってましたよw

 


スポンサーリンク

コメントを残す