カリブ海東部の国、アンティグアバーブーダは仮想通貨取引所を計画

アンティグアバーブーダは仮想通貨取引所を計画

カリブ海東部の島嶼国〔アンティグアバーブーダ〕政府は、仮想通貨取引を促進する取引所の設立を計画している。

政府が直轄する取引所に?

現地のニュースサイトAntigua Observerが報じるところによると、関連する法的枠組みを整備するため、議会に法案が提出される予定です。

アンティグアバーブーダは、他の島嶼国や、多くの国と同様に、cryptocurrencyの流行に乗り出したいと考えています。

情報産業大臣のMelford Nicholas氏は、『この取引所は、仮想通貨の買い手と売り手を有料で集め、ファシリテーター(促進者)としての役割を果たす』と述べている。

ホホー マルタとかもそうだけど、島嶼国って仮想通貨大歓迎のとこ多いウホね


富を創出する新しいシステム

情報産業大臣は、カナダ生まれのビジネスマン、Calvin Ayre氏が最前線に携わっている企業の1人であることを明らかにしました。

アンティグアバーブーダでは、成長を続けるオンラインギャンブル業界があり、オンラインギャンブル会社Bodogの創設者であるCalvin Ayre氏は、現在はアンティグア・バーブーダの市民です。

Ayre氏は、仮想通貨の熱心な投資家でもあり、特にBCHへのサポートは有名です。
また、彼は同国の経済特使として任命されており、cryptocurrencyに関係する政府アドバイザーも務めている。

政府公式声明では

「アンティグアバーブーダは、〔exchange〕が財務省に対して非税収入を生み出すことを期待して、富を創出する新しいシステムの最先端にあると判断している」

えっと…要は政府で取引所的なのを運営して、堂々と商売するって話ウホ?

たぶんそういう意味じゃないですかね。
実際に運営が開始されないと全体像はわかりませんが、政府が直轄する仮想通貨取引所になるって事じゃないかと思います。

ホヘー!そんなん出来たらすごいウホね!

国によってこれだけアプローチが違うってビックリしますよね。
最近は業界全体が冷え切っているような印象もありますけど、それは狭い視野の話なのかもしれないなって思いました。

言ったら、ここの国では儲かる商売だって判断してるってことウホね~

国で成長しているオンラインゲーム・ギャンブルとの相性の良さもあるのかもしれませんね。

日本だと「ギャンブル」という言葉だけで悪い印象を持たれがちですが、馬・舟・クジ、その他諸々を体裁のいい言葉で取り繕って「のような控除率」で運営しているよりも、堂々と産業として行っているところの方が好感が持てますね。

そっか!オンラインだと世界中だから、どっかの通貨で入金して~とかより仮想通貨で直接の方が手間かからんウホね

ですね。管理人は海外のオンラインゲームを遊ぶんですけど、課金する時にけっこう面倒な思いをします。
「これETHとかでそのまま課金できりゃ簡単なのにな~」と感じることも多いです。

ちょっと話が逸れちゃいましたねw

アンティグア・バーブーダの取り組みが、どんな未来を描くのか期待して続報を待とうと思います!

ゴリは大成功にALL-IN ウホ!

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m ※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
antiguaobserver.com
bitsonline.com


スポンサーリンク

コメントを残す