オーストラリア・ICO規制ガイドラインを発表

ICO規制ガイドラインを発表

オーストラリア証券投資委員会(ASIC)は、最初のコイン・オファリング[ICO]に関する業務を行っている企業に対して、規制ガイドラインとなる文書を9月28日に発行しました。

この文書では、様々な異なるタイプのICOが、企業法の対象となる状況を明確にし、ICOの法的要件を特定するものです。


スポンサーリンク

ガイドラインの内容は?

ASICは、ICOの規制アプローチに適合するモデルケースを明確に提示する事を避けており『企業法がICOに適用されるかどうかは、以下に示す要件を検討し、個々それぞれのICOの状況に依存するとしている』
・ICOの提供方法と種類
・発行されたコインに付随する権利
・ICOの構成と運用

ASICは「ICOは、企業が資金を調達するオプションや投資家が利用できる投資オプションに重要な貢献をする可能性を秘めているが、投資家の信頼を確保する方法でICOを実施しなければならない」と結論付けている。

「ICOを使った資金調達は、2017年9月29日の企業法によって規制された[群衆調達資金Crowd-sourced funding(CSF)]とは異なることを強調し、公衆が法の適用について誤解しないように注意する必要がある」とした。

ASICガイドラインへのリンクasic.gov.au

なんか難しい言葉が並んでてよくわからないウホー

すごくザックリ言えば、《ICOという仕組みそのものは将来性を持っている、だから出資してくれる人を裏切るような資金集めするんじゃねーぞ?不義理な事したら法に触れるよ?》という話だと思います。

でもなんでガイドラインで『こういうICOはOKだよ』って示さないウホ?

規制とか法律って、この形は[OK]と明確に定義してしまうと、その定義の中で解釈をジリジリ広げて、少しずつ最初に定めた物から変わっていくんですよ。
日本で典型的な例を出すならパチンコ関連ですかねぇ…興味が無い人には退屈な話になるので省きますがw

まぁともかく、「〇〇をOK」と決めるより「〇〇をNG」とする方が後の変化に対応しやすいという部分もあると思います。
[OK]をジリジリ広げたら抜け道になるけど、[NG]をジリジリ広げたら窮屈になっていきますからね。

そっかー ICOは新しいものだから、その方が向いてるウホね!

出資者にしっかり情報を提供してね!

ASICは、「企業の資金調達のためにICOが作成された場合、企業の所有権、企業の決定における投票権、または白書に示される企業の利益に参加する権利があると思われる場合など、ICOの発行者が実際に株式を提供しているように見える場合、発行者は目論見書を準備する必要がある」と結論づけている。

この声明は、目論見書を通じて十分な情報を提供していない企業は、新規公開草案と同じ規則の下で精査の対象となることを示しているようだ。

なんか難しいけど、株式発行と同じくらいしっかりやれって話ウホね?

そういう解釈でいいと思います。ICOには証券会社のような仲介業者は基本的に存在しないですし、個人個人がそのICOを判断して投資する形になります。
それがメリットでありデメリットにもなっているわけですが、今回のASICのガイドラインは、ICOの魅力と可能性は活かしつつ、投資家の不利益を減らす取り組みと言えるんじゃないでしょうか。


ASICのガイドラインは企業からも歓迎

Australia’s fintech industry association FinTech AustraliaのDanielle Szetho CEOは
「ASICが発表した指針は、オーストラリアにおけるICOの未来を確実にするための積極的な取り組みであり、仮想通貨に対する二重課税の廃止や国際的なブロックチェーン基準の推進など、他の積極的な取り組みと並んでいます」

ICOPromoのSergei Sergienko CEOは、ASICのICO規制について、「オーストラリアの利害関係者にガイダンスを提供するのに役立つ静かで測定されたアプローチ」と述べた。

ウホー!バッサリ禁止の国もあれば、こうやって付き合っていく国もあるウホね

ICOには金融詐欺に使われやすいなどのデメリットもありますし、全面的に禁止するという対策も納得できる部分はありますよね。
ただ…まだ発展途上の新しい概念だからこそ、市場に対しての可能性を秘めているのは事実です。

オーストラリアのこういった姿勢が、将来にどういう結果を生むのか注目ですね!

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m
※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
news.bitcoin.com


スポンサーリンク

コメントを残す