オーストラリア・取引所に対し、政府の金融情報機関への登録を必須化

政府の金融情報機関への登録を必須化

オーストラリア国会は、ビットコインとその他の仮想通貨に関する新しい法律を施行しました。

『マネーロンダリング防止と、対テロ資金調達の改正案2017』は、先週に上院議会を通過し、運用が開始され、専門機関の*AUSTRACに、国内ビットコイン取引を公式に規制する権限を与えている。

※AUSTRAC→オーストラリアのトランザクションレポートと分析センター

今後、オーストラリア国内の仮想通貨取引事業者は、[AUSTRAC]への登録が必要となり、登録を行わずに仮想通貨交換事業を行う事は、犯罪行為としてみなされ、懲役・罰金などの刑罰の対象となります。

ホッホー 最近は規制に関するニュースよく聞くウホね

「規制された」って言葉だけ聞くと、締め付けられているようなイメージがありますけど、投資家から一般人まで、多くの人が仮想通貨に触れる事を考えたら規制や法律は必要ですからね。

むしろ今回のニュースは「適正化」じゃないかと思います。

たしかに完全に野放しだったら色々怖いウホー


取引所は今後なにをする?

今回の法整備の更新により、AUSTRACに登録した取引所は、銀行やその他の現金取引と同様の規制に従って運営します。

これにより、オーストラリアでのビットコイン取引は、既に確立されている他の金融機関と同じ立場になる事になります。

取引所は、マネーロンダリング・テロ資金調達に関わる動向を監視し、リスクを見つけて解決するなどの取り組みを積極的に行う必要があり、利用者の身元確認や、疑わしい取引活動の報告、7年間の取引記録の保持などを行います。

ホハー なんか「日本っぽい」ウホね?

管理人もそう思いましたw
自分達が生活している国だからあまり意識する事は無かったですけど、世界的に見たら日本の仮想通貨取引に対する姿勢はモデルケースになってるのかもしれませんね。

なんかちょっと嬉しいウホー

税金関連やユーザー保護など、今後も法整備の適正化は必要でしょうけど、まずは仮想通貨に触れてみたいと思っている人達が、安心してスタートできる環境が大事ですね。

仮想通貨を題材にした変な投資サギなどはフルボッコにしてほしいところです。

ゴリは、仮想通貨のコイン名使ったサギ会社の名前とか規制して欲しいウホ!

あ~。それは確かにそう思いますね。

すぐにカチっとした規制は難しいでしょうし、まずは「報道する側」にも、ある程度の知識を持ってほしいですよね。

私達からみたら「いや!それリップル関係ねぇから!!」と全力でツッコミを入れたい報道を見かける事もありますし。

年末に向けてフォーク関連も慌ただしくなりますし、情報をしっかり見極めて冷静に取引しましょう!

了解ウホッ(`・ω・´)ゞ

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m
※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
news.bitcoin.com


スポンサーリンク

コメントを残す